スマホやスマートスピーカーで操作可能な電子ケトル「Allocacoc WaterCooker」が温度管理できていい感じ

スマホやスマートスピーカーで操作可能な電子ケトル「Allocacoc WaterCooker」が温度管理できていい感じ

Allocacocというメーカーさんから、「WaterCookerウォータークッカー | SmartHomeスマートホーム」という電子ケトルをお借りしました。

温度管理ができる電子ケトルなので、コーヒー好きの方にとっては使い勝手の良い製品だと思います。

スマートホームとの相性の良い電子ケトル

ウォータークッカースマートホームの基本的な機能は下記の通りです。

  • Allocacoc Smartアプリでリモートコントロールが可能(Wi-Fiを使用)
  • Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカで音声でのコントロールが可能
  • 水が5〜6分で沸騰
  • 温度管理ができる

夜のうちに水を入れてセットしておいて、朝起きて「アレクサ、お湯を沸かして」なんて言ったら、コーヒーに最適な90℃のお湯が沸かせるという訳ですね。

赤ちゃんのためにミルクを作る際にも温度設定できるので良さそうです。

こちらがウォータークッカースマートホーム。お湯を入れて沸かしてるところです。
ウォータークッカースマートホームの本体

土台部分にはこんなディスプレイがついていて、先ほど書いた通り、コーヒーボタンを押せば90℃まで沸かしてくれます。
ウォータークッカースマートホームのディスプレイ部

こうやって沸かしたお湯で淹れたコーヒーおいしかったです。いつもヤカンで沸かしてガンガンに沸騰したお湯で淹れてたので、90℃で淹れるとエグ味が出なくていいですね。
ウォータークッカースマートホームで沸かしたお湯で入れたコーヒー

公式のプロモーションビデオ

公式のプロモーションビデオがありましたので、こちらを見ていただけるとより使い勝手がわかりやすいと思います。

最後に

個人的には我が家がスマートホーム化してないので、単純に温度管理ができるところが便利だなという印象でしたが、IoT好きの方にはハマる製品じゃないかと思います。

興味のある方はクラウドファンディングを行ってますのでこちらをチェックしてみてください。

キーワード
生活