iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxが発表!それぞれのスペックとiPhone XやXSとの違い

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxが発表!それぞれのスペックとiPhone XやXSとの違い

2019年9月11日にiPhoneの新製品「iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」が発表されました。

それぞれのスペックや特徴と、これまでのiPhone XやiPhone XSと比べて、どれくらい違うのかまとめました。

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

まず、iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxについて、スペックを一覧表にまとめたのでご覧ください。

機種名 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ディスプレイ 5.8インチ
Super Retina XDRディスプレイ
6.5インチ
Super Retina XDRディスプレイ
解像度 2,436 x 1,125 2,688×1,242
本体サイズ 144.0mm×71.4mm×8.1mm 158.0mm×77.8mm×8.1mm
重さ 188g 226g
CPU A13 Bionic
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxの特徴

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの違いがこれまでのiPhoneと比べて画面サイズくらいになってきました。

今回の発表で目についたiPhone 11 Proシリーズの特徴について順番に書き留めておきますね。

電池持ちが4〜5時間伸びた

iPhone XSと比較して、iPhone 11 Proは4時間、iPhone 11 Pro Maxは5時間もバッテリー持ち時間が伸びたそうです。これが実は一番嬉しいかもしれません。

個人的にiPhone Xはだいぶ電池持つ方だなと思っていたので、今よりも持つのであればモバイルバッテリーは非常時用の小さくて軽いものにしても良いかなと思ってしまいました。

超広角レンズが加わってレンズが3つに

iPhoneの普通のレンズって26mmだったらしいんですけども、これの倍の広さで撮影できる超広角レンズが加わりました。

超広角レンズは「13mm・f2.4」で手ぶれ補正無しだそうです。手ぶれ補正がないため広い画角で撮影したいときは脇をしっかり締めて撮影する必要がありそうです。

広角レンズは「26mm・f1.8」、望遠レンズは「52mm・f2.0」で、かなり明るいレンズですね。どちらもこれまで通り光学式手ぶれ補正がついてます。

インカメラがより綺麗に広角に

インカメラも進化していて、700万画素から1,200万画素へと高画素で綺麗に撮れるようになり、iPhoneを横向きにすることでより広角で撮影できるとのこと。

また、Face IDも高速化しているようですよ。

カメラアプリにナイトモードが追加

暗い場所でも明るく撮影できるナイトモードが追加されたようです。

個人的にはディナータイムの薄暗いハンバーガー屋さんでの撮影が捗りそうです。

動画撮影も進化

動画も進化していて、60fpsの4K動画が撮影できるそうです。

また、カメラアプリの「Filmic Pro」を使うと、外側の3つのレンズと内側のレンズの合計4つのレンズで同時撮影が可能になるとのこと。iPhoneだけで街ブラロケ的な動画が撮れそうですね。

3つのレンズの色温度や露出などはレンズごとの差が出ないように調整されてるそうなので、Filmic Proを使う時はもちろん、動画撮影時にレンズを切り替えて使うのも安心です。

3D Touch廃止

個人的に気に入って使っていた3D Touchが廃止されたのはちょっと辛いです。

とはいえ、iPhone XRに実装されていた「Haptic Touch(ハプティックタッチ)」という長押しによって3D Touchのような操作ができる機能はついているので、テキスト入力時のカーソル移動とかは問題なく使えるとのこと。

ホーム画面でアイコン長押しするとアプリの移動になっちゃうので、クイックアクション使えるかどうかが気になってます。

新色「ミッドナイトグリーン」が追加

従来通りのスペースグレイとシルバー、ちょっと色味が変わったゴールドに加えて、新色としてミッドナイトグリーンが追加されました。

カーキっぽい感じですかね。

より頑丈になり防水も強力に

iPhone本体がより頑丈になり、落下させてしまった時に画面が割れるリスクが少し減ったようです。まぁ落とす高さや角度などにもよるので落としたら画面割れるとは思いますが、これまでよりは助かる確率が上がるんじゃないでしょうか。

防水も強力になって、水深4メートルで最大30分耐えられるそうです。

18WのUSB-C充電器がついてくる

USB-C充電器がついてくるというので一瞬期待しましたが、あくまで充電器がUSB-Cに対応しただけで、iPhone側はLightningのまま。

とはいえ、iPhone 8以降の機種を使っていて旧式の充電器を使ってた人は高速充電は初体験になると思います。びっくりするほどあっという間に充電されますよ。

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxの価格

価格の一覧表はこちらです。iPhone XS / iPhone XS Maxよりも安くなってます。

容量 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
64GB 106,800円 119,800円
256GB 122,800円 135,800円
512GB 144,800円 157,800円

iPhone 11 Proの256GBを買おうと思ってますが、これが一番人気な感じがします。

iPhone 5sやSEからどれくらい変わったか

本体サイズが小さいことで人気のiPhone 5sとiPhone SE。

動作も重くなってきてバッテリー持ちも悪くなってきたからそろそろ乗り換えたいという方のために、iPhone 11 Proに乗り換えたとしたらどれくらい変化ががあるのかまとめました。こちらもぜひあわせてご覧ください。

関連記事『iPhone 5sやSEからiPhone 11やiPhone 11 Proに乗り換えたらどれくらい変化があるのか』のサムネイル画像
iPhone 5sやSEからiPhone 11やiPhone 11 Proに乗り換えたらどれくらい変化があるのか
続きを読む

最後に

iPhone Xを持っていたことからiPhone XSを見送っていましたので、今回のiPhoneは購入しようと思ってます。

iPhone 7や8を使っている方であれば十分乗り換えを検討して良い機種だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

キーワード
iPhone