2018年印象的だった漫画!特にROUTE ENDが最高でした!

2018年印象的だった漫画!特にROUTE ENDが最高でした!

最近は漫画を買うことが少なくなってきたんですが、今年はいくつかの作品を一気に買ったりしました。

2018年に全巻まとめ買いした作品をご紹介します。

2018年にまとめ買いした漫画

彼方のアストラ

連載は2017年12月30日で終わってるので「2017年に印象的だった漫画」なんですが、連載が終わったのちに全巻購入して読み返したのは2018年に入ってからだったので入れておきました。

「これまでの人生で出会った最も好きな漫画は?」と聞かれたらいまなら彼方のアストラを挙げてしまうと思います。それくらい大好きです。

SKET DANCE時代から篠原先生の真骨頂だった「ギャグとシリアスの混ざり具合」が最高です。笑えるところは腹を抱えて笑ってしまうほど面白く、シリアスな展開は想像を超えてくる感じが素晴らしいんですよ。

ワールドトリガー

2018年11月に連載が再開された「ワールドトリガー」。連載再開のタイミングで全巻をまとめ買いしました。

読み返してみるとやはり名作ですね。集団戦の描き方がうまいというか、すべてのキャラクターにしっかり出番がある感じがすごくいいんですよね。

ジャンプ本誌を離れてジャンプSQに移ってしまうので、今後はコミックスで追っかけようかなと思います。

ROUTE END

ジャンプ+のアプリで無料配信されていたものの、最近まで全然読んでなかったんですが、47話時点でSNS上でROUTE ENDの話題が一気に出まして、コミックス全巻購入して一気に読みました。

僕が2018年に初めて読んだ漫画の中ではROUTE ENDが最強です。これまで読まなかったことを後悔するくらいおもしろかったです。

ジャンプっぽくない、ファンタジー要素の少ないサスペンスもので、ヤングジャンプあたりで毎週連載してほしいくらいの作品ですね。

最後に

ワールドトリガーとROUTE ENDはまだ続くので追っていきたいと思います。

ちなみに、これらの作品以外でコミックスを買い続けてるのはジョジョリオンとテラフォーマーズです。

キーワード
エンタメ