Logic Pro Xでビットレートを24ビットに変更する方法

Logic Pro Xでビットレートを24ビットに変更する方法

Logic Pro Xでレコーディングする際に、この記事執筆時では16ビットか24ビットのいずれかで録音可能です。

24ビットレコーディングするための設定についてご紹介します。

Logic Pro Xでビットレートを24ビットに変更する

最近では24ビットでレコーディングするのが当たり前になってきてますし、初期設定で24ビットになってるはずなので問題ないんですけども、一応確認のために設定方法について解説します。

メニューの「Logic Pro X>環境設定>録音」に入ります。

「24ビットレコーディング」にチェックが入っていればおっけーです。

ちょっと似てるんですけども、プロジェクト設定という項目もあって、

こちらではビットレートの変更ができないのでご注意ください。

さらにややこしいのはサンプルレートを変更するにはプロジェクト設定をいじるというところ。

Logic Proでサンプルレートを変更するには?設定画面をキャプチャー付きで詳しく解説!
続きを読む

ビットレートはLogic全体で設定し、サンプルレートはプロジェクト単位で設定、ということですね。

オーディオインターフェイスによっては対応してないこともある

オーディオインターフェイスによっては16ビットでしか録音できないものもあるかもしれませんが、最近のオーディオインターフェイスだったらだいたい大丈夫だと思います。

中古で昔のオーディオインターフェイスを買う際には気をつけないといけませんね。

ちなみに、僕が使ってるのはKOMPLETE AUDIO 6です。小型で音質良くて比較的安価でいい感じ。

バンドで同期もの使うならオーディオインターフェイスはKOMPLETE AUDIO 6使うのが良さそう!
続きを読む

最後に

Pro Toolsだと32ビットでのレコーディングもできるので、より高音質での録音をしたい方はPro Tools一択ですね。

ただ、個人的には24ビットでも十分高音質だと思ってるので、当面はこの環境で満足できそうです。

キーワード
Macアプリ