武蔵小山のコッペパン専門店「パンの田島」でおかずパンを食す!

武蔵小山のコッペパン専門店「パンの田島」でおかずパンを食す!

2017年5月、コッペパン専門店「パンの田島」が武蔵小山のパルム商店街にオープンしまして、いつまでも行列の絶えない人気店なんですが、先日ついに買いにいってみました。

どのメニューもボリューム感もあるし価格も抑え目で、特におかず系のパンがいい感じでした。

コッペパン専門店「パンの田島」

パンの田島」は武蔵小山駅からパルム商店街を進み、最初の交差点から3,4店舗目というアクセスの良い立地。駅から徒歩2分くらいです。

店名 パンの田島 武蔵小山店
住所 東京都品川区小山3-22-19 1F
電話 03-6421-5410
営業時間 8:00~20:00
定休日 無休
最寄駅 武蔵小山駅
関連リンク パンの田島 武蔵小山店 – 武蔵小山/パン・サンドイッチ(その他) [食べログ]

甘いものからしょっぱいものまで、コッペパンのサンプルがずらり。

メニューはこちら。

揚げパン系はショーウインドウに並んでます。

テイクアウト専門のお店で、注文してから作ってくれるためちょっとだけ待ちます。モスバーガーくらいの待ち時間のイメージ。

揚げ物を挟んだおかず系コッペパン

1品ずつ紙の袋に入れてくれてるんですが、ちょっとこれが食べにくくて、家に帰って皿の上に乗せて食べた方がいい気がします。

期間限定の海老カツたまご(350円)。レギュラー化して欲しいくらいおいしかったです。海老カツ最高でした。

チキンカツ(350円)。正直チキンカツはそんなにおいしくなかった…。肉がもっとボリュームあったらいいなと思いました。

カレーパンやビーフシチューパンの揚げパンもうまい

カレーパン(220円)。外はカリカリ、パンはもっちり。中のカレーも凝った感じのカレーじゃなくて期待通りのおいしいやつです。

ビーフシチューパン(220円)もおいしかった。中には半熟卵が入ってます。

ただ、この2品は気持ち割高な感じがするかもしれないですね。コッペパンほどのボリューム感はないですし。

最後に

武蔵小山は庶民の味方的なパン屋「こみね」、センスの良さが光る「nemo」というパン屋があるので、パンの田島はまた別ジャンルで攻めてきたなという印象です。

この3店舗のカレーパン食べ比べとかやってみたいですね。

キーワード
ご飯