UDトークが大阪弁での出力に対応!コミュニケーションがちょっと楽しくなります!

UDトークが大阪弁での出力に対応!コミュニケーションがちょっと楽しくなります!

音声認識を使ったコミュニケーションサポートアプリ「UDトーク」が、2016年5月30日のアップデートで「大阪弁で表示する」モードを実装しました。

大阪弁特有の温かみが文章からにじみ出て、コミュニケーションがちょっと楽しくなる機能です。

UDトークでできること

UDトークは、音声認識エンジンAmiVoiceを使ったコミュニケーションサポートアプリ。スマホに向かってしゃべった内容がテキスト化され、聴覚障がい者の方とのコミュニケーションを円滑にしてくれます。

単語単位ではなくて文章をきちんと認識してくれるのが特徴で、はっきりとした口調でしゃべる必要はありますが、結構長い文章も正確なテキスト化が可能です。

文章の書き起こしにも便利で、ブロガーであればブログ書く際に手が付かれたらUDトークに切り替えたり、取材などで録音したデータのテープ起こしをするときにも強力にサポートしてくれます。

英語を始めとした外国語にも何ヶ国語か対応しており、翻訳アプリ的な使い方も可能です。

UDトークを使ったことがない方は、下記のリンクよりダウンロードしてください。有料プランもありますが、基本的な機能は無料で使えます。

UDトークでのコミュニケーションがちょっと楽しくなる大阪弁モード

このUDトークに、標準語でしゃべった内容を大阪弁で表示してくれる機能が実装されました。

大阪弁でしゃべった言葉を標準語に直してくれることはできないのですが、標準語を大阪弁に変換、というか「翻訳」してくれるようなイメージですね。

まずトークを始めます。そしてトークの画面右上にある「メニュー」をタップ。
UDトークで大阪弁を表示01

メニュー一覧の中から「漢字かな日本語設定」を選び、「大阪弁で表示する」のボタンをオンにします。
UDトークで大阪弁を表示02

「こんな時間までこの番組やってるんだね」と喋ったら「こないな時間までこの番組やっとるねんな」に変換されました。「マクドナルド」「マックへ」「マックに」「マックで」だと「マクド」になるんですが、「マックの」だとマックのままだったり。
UDトークで大阪弁を表示03

テキストのコピペでも変換可能です。自分が書いたブログの一部をコピペしてみたところ、だいぶコテコテの大阪弁に!
UDトークで大阪弁を表示04

最後に

ちょっとニヤッとしてしまう機能のご紹介でした。

UDトークをまだ使ったことがないという方も、冒頭でもご紹介した通り文章を書く際にも活用できるアプリですので、まずはお気軽にダウンロードして使ってみてくださいね!

キーワード
iOSアプリ