2016年6月19日新大久保クォーターノートにてクライクライネのライブをやってきました

2016年6月19日新大久保クォーターノートにてクライクライネのライブをやってきました

新大久保Quarter Note(クォーターノート)にてクライクライネのライブをやってきました。

初めて出演した箱でしたが、ステージが広くてモニター環境も聴きやすくて演奏しやすかったです。

Quarter Note Presents『ROCK NO WA -vol.6-』

久しぶりにV系のイベントでV系の対バンという、個人的には懐かしくもあり、いまでは若干アウェーでもあるようなそんな環境でしたが、イベント自体はすごく楽しめました!

僕らの直前のバンドがジャンヌとABCのコピーだったので、控室じゃなくて客席で見たいくらいでしたね。

キーボードのワンちゃん欠席の5人編成ライブ

クライクライネはツインボーカルの6人組バンドですが、今回はキーボードのワンちゃんが欠席。

そして、ツインボーカルの片割れの「クライネ君」が体調不良により声が出ない(というか出にくい状況)ということで、僕がキーボードがいないバージョンのギターアレンジをし、コーラスのフォローもするというなかなか忙しいライブとなりました。

セットリストはこちら。

  1. シズク
  2. 砂上涙歌
  3. 涙線上コントラスト
  4. 涙類
  5. CRY CRY

あとこれは同業者にもあんまり共感してもらえないかもしれないんですけども、譜面台をステージに置きたくない派なんですよ。

クラシックだと譜面を見るのが当たり前みたいですが、僕らみたいなロックやポップスやってる人間からすると「それくらいは頭に入ってて当たり前」だと思っちゃうんですね。

そういうこともあってライブで譜面台置いてるのを見ると「この人サポートなのかな?」って思っちゃうので、僕自身もそれをやりたくない訳です。

ただ今回は、歌詞を覚えきれなかったため、歌詞カードを譜面台に置いてました。

なんてことない話なんですけども、本当にレアなことなので。コードはすらすら頭に入るんですけどね。歌詞の覚えは悪い方です。

▼終演後に集合写真。クライネ君を近くで見るとこんな感じですよ。
20160619-crykleine-01

最後に

クライクライネはこれからレコーディングに入ります。10月リリース予定ですのでお楽しみに!

そして僕自身の次のライブは7/8(金)渋谷eggmanにて。ぱぴが復帰予定でして、久しぶりにアマオトの「5人編成」を披露できます。こちらもお楽しみに!!

キーワード
バンドのこと