LINE Keepでトーク内容やURLなどのテキストを保存しておけるようになった!

LINE Keepでトーク内容やURLなどのテキストを保存しておけるようになった!

LINEで送られてきたものって結構無くしがちですよね。URL貼ってもらっても気づいたら流れてしまって見つからなくなったり。

そんなときに便利なのが「LINE Keep」です。テキストを保存しておけるので、これからはスクショを撮って保存したりしなくても大丈夫ですよ!

LINE Keepでトーク内容を保存する

テキストをテキストのまま取っておきたいことが結構多くて、例えばURLをスクショ撮って保存しても不便なんですよね。

あとは思い出に残しておきたい言葉だったり、誰かに送りたい内容(住所とか場所の名前とか)もテキストのまま残しておきたくて。

これまではトークを長押ししてコピーしてEvernoteに送ったりしてたんですけど、「トークのここからここまで」っていうコピーもできないからこれもまた不便だったんですよ。

その不満がようやくLINE Keepで解消されました。

保存したいトーク内容を長押しすると「Keep」の文字が出るのでそれをタップ。その後保存したい内容をぽちぽち選んでいきます。
line-keep-01

ノートはトークごとに区切られてますが、LINE Keepはトークの区切りなく一か所にまとまって保存されます。

LINE Keepに保存したものは、左下の「友だち」に入って自分の名前をタップし、「Keep」をタップすれば確認できます。

保存容量が1GBまでなので、容量の大きい写真などは入れない方がいいかなと。テキスト系のものを中心に保存して行けば1GBを超えることはそうそうないと思います。

保存期間は無制限。ただし、1ファイル50MBを超える場合は30日間に制限されますのでご注意ください。

最後に

ノートと違って「トークごと」ではないのが個人的には便利だなと感じました。

ノートに入れておくことで便利なこともあるんですが、その枠を超えて保存しておきたいことも多くて。

LINEについては他にこんな記事も書いてます。

キーワード
WEBサービス