iOS 7ではiPhoneでiTunesカードを簡単に読み取れる!

iOS 7ではiPhoneでiTunesカードを簡単に読み取れる!

iTunes StoreやApp Storeを良く使ってます@delaymaniaです。

楽曲やアプリはもちろん、映画なども買えて便利なiTunesカード。ただ入力がめんどくさいですよね。

iOS 7ではカメラをかざすだけで読み取ってくれるようになりました!

iPhoneでiTunesカードを読み取る

iTunesカードを使うときに16ケタのコードを入力するのですが、超めんどうです。

その超めんどうな手間を省くために、カメラをかざすだけで読み込む機能が搭載されました。

以前もReadeemというアプリでカメラによる読み込みはできたのですが、iOS 7でついに標準機能になりました。

▼App Storeアプリを起動して下の方の「コードを使う」をタップし、パスワードを入れてサインインします。その後「カメラで読み取る」をタップしてiTunesカードにiPhoneをかざします。
ios7_itunescard_01

たったこれだけです。簡単ですね。

iTunesカードはコンビニや家電量販店で売ってます

iTunesカードを使ったことのない方のために簡単に解説を。

iTunesカードはプリペイドカードのようなものです。

自分のApple IDに料金をチャージするイメージですね。同一のApple IDであればiPhoneだけでなくiPadでもパソコンでも使えます。

iTunesカードはコンビニでも売ってますし、家電量販店やドンキホーテなどでも買えます。

1000円からありますので、買ったことない人はまずは気軽に1000円のカードを買うところから試してみてください。

おすすめは家電量販店のポイントで購入すること。

iTunesカードは現金で購入してもポイントが付きません。なのでポイントで購入した方が得になります。

最後に

これで16ケタも入力しないで済みますね。

ちなみに、MacのiTunesでも同じようにカメラにかざすだけで読み取ることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

キーワード
iPhone