iOS 7の壁紙のパララックス(視差効果)を無くす方法

iOS 7の壁紙のパララックス(視差効果)を無くす方法

パララックス効果で酔います@delaymaniaです。

iOS 7の特徴の一つでもあるパララックス効果の壁紙ですが、様々な事情で無くしたいこともあると思います。

設定で簡単に切り替えられます。

パララックス(視差効果)をオフにする方法

iOS 7で壁紙が奥行きを感じる仕組みになりました。

これをパララックス効果(視差効果)というのですが、僕のように酔う人はこの効果を無くしたいことでしょう。

▼設定アプリ内の「一般」>「アクセシビリティ」に入って
ios7_parallax_off_01

▼「視差効果を減らす」をオンにするだけ。
ios7_parallax_off_02

逆にパララックス効果を楽しみたい人は

パララックス効果を楽しみたい人のために、パララックス効果に対応したサイズの壁紙を配布してるサイトやアプリをまとめました。

また、自分で作ってみたい人は下記の記事のサイズを参考に作ってみてください!

最後に

これで地上で乗り物酔いするという最悪の事態を防げました。

ただ、僕のような酔いやすい方以外はiOS 7の新機能を堪能して欲しいです。

せっかくの機能ですから、省エネだと言ってオフにするのはもったいないと思うので。(実際どれだけ省エネなのかもよく分からないし。)

キーワード
iPhone