音楽やる人がLogic Pro Ⅹを使った方がいい理由

音楽やる人がLogic Pro Ⅹを使った方がいい理由

10年以上Logic使ってまして、これだけLogic歴が長いとひいき目で見てしまうのは間違いないんですが、それを差っ引いてもLogicにはものすごいアドバンテージがあります。

僕が思う「音楽やる人がLogic Pro Ⅹを使った方がいい理由」をつらつら書いていきます。

Logic Pro Ⅹを使った方がいい理由

Logicは音楽やってる人ならご存知のApple純正のDAWソフトです。

正直、作曲やアレンジする人でMacユーザーならLogic一択だと思ってます。

オーディオの扱いはPro Toolsの方が長けてるのでエンジニアさんとかミックス・マスタリングまでやる人はPro Toolsがないと厳しいですけどね。

それでもPro Toolsと一緒にLogic持ってる人も少なくありません。

僕がLogicをおすすめする理由はこちら。

  • 価格が安い
  • Apple IDと紐づいてる
  • Apple純正なのでOSアップグレード後も対応が早い
  • プラグインが豊富
  • 純正のiPadアプリ「Logic Remote」が便利すぎ
  • 最近はMacが安い

順番に見て行きましょう。

価格が安い

とにかく安いです。

Cubase, Digital Performerが5万円前後、Sonar, Pro Toolsが6万円くらいなのに対して、Logicは2万円ほどと圧倒的に安いです。

昔は12万円くらいしたんですけどねぇ。アップグレード代も2~3万円くらいだったかな。

App Storeで買えますので、iTunesカードが割引されてるときに買ってからダウンロードするとお得です。

Apple IDと紐づいてる

昔はUSBにドングルと呼ばれるキーを挿さないと動きませんでした。

家のMacにさしっぱで出かけて、出先に持って行ったMacBookでは起動できないなんてこともありましたね。

いまではApple IDと紐づいてるので、同一のApple IDのマシンであれば何も気にせずに何台でも起動できます。

Apple純正なのでOSアップグレード後も対応が早い

MacのOSアップグレード後の対応が早いです。

正直サードパーティー製のプラグイン使ってる人はLogicだけアップグレードしてもしょうがないっていう悩みはありますけど、早いに越したことはないので。

プラグインが豊富

デフォルトで入ってるプラグインがめちゃめちゃ豊富です。

ソフトシンセなどの楽器的なプラグインも多いですし、エフェクトのプラグインも豊富です。

デモ作るくらいなら十分すぎて他の製品を買わなくなりました。

純正のiPadアプリ「Logic Remote」が便利すぎ

昔はでっかいMIDIコントローラー持ってましたけど、いまではiPad一台あれば足りる訳です。

これは革命的ですよ。

純正なのが強みで、フェーダーとかミュートボタンとかがあるだけじゃなくて、ショートカットも使えるのがめちゃめちゃ便利。

最近はMacが安い

昔はMacを買うのも大変でしたが、最近はMacが安いです。

Mac miniなら6万円くらいで買えますからね。

特に「整備済品」といって、いわゆるアウトレットのような買い方もできるので、よりMacを安く手に入れたい方にはおすすめですよ。

もしWindowsでCubase使ってる人がいたとして、その人が今後の人生でWindowsとCubaseに費やすお金を考えるとMacに乗り換えちゃってもいいんじゃないかって思います。

もちろん手に馴染んでるから手放せないってこともありますけどね。

Windows使いたくなってもMac上でWindowsを動かせるのでまったく問題ないです。

最後に

DAWソフトを何にしようか悩んでる方は是非Logicを視野に入れてみてください。

僕がLogicと出会ったのは大学生の頃でしたが、Logicをチョイスしたあの頃の自分を褒めたいですね。

キーワード
Macアプリ