iPhoneのカメラで写真として残すメモが便利すぎるなと改めて思った

iPhoneのカメラで写真として残すメモが便利すぎるなと改めて思った

iPhoneっていつでも持ってるし手軽にきれいな写真が撮れるのでどんどん撮っちゃいますよね。

ただ単に記念に残るようなスナップ写真じゃなくて、メモとして使いやすいなと実感したので、実例を交えてご紹介します。

使用例1:1枚しかない印刷物

ライブのときのタイムテーブル。

バンドに1枚しか配られない上に、本番が始まるとお客さんが入ってくるため片づけられてしまいます。

そんなときiPhoneで1枚写真撮っておけばおっけー。

▼たとえば先日のライブのタイムテーブル。こうしておけばどこに置いておいたか忘れても安心です。

使用例2:指定席が書いてあるチケット

新幹線とかコンサートホールでのライブとか。

指定席がチケットに書かれてるものを撮影しておけば、わざわざチケットを出さなくてすみます。

これで無くす心配がなくなりますね。

特にライブ会場に遅れて入った場合、チケットは暗いところだと見にくいですがiPhoneならはっきり見れるので便利です。

▼先日のラクリマのライブのチケット。こうやって事前に撮影しておけば当日安心です。

使用例3:手書きメモを撮っておいてEvernoteへ

メモを書いて持ち帰れる場合はいいんですけど、みんなでシェアしたいというときもありますよね。

そんなときは撮影してしまえば全員で共有できます。

Evernoteに入れておけば無くす心配もないし、探すのも楽だし、複数人と共有することもできるのでおすすめです。

最後に

今日ご紹介したのは僕が普段使ってる使い方です。

もっと便利な使い方があれば是非教えてください。

キーワード
iPhone