Twitterへのツイートを予約して投稿できるTwit Delay

Twitterへのツイートを予約して投稿できるTwit Delay

ブログを予約して投稿することってありますよね。

それのtwitter版のサービス「Twit Delay」をご紹介します。

Twit Delay

名前にDelayって入ってる以上、僕がこのサービスをネタに記事を書かない訳には行かないですよね(笑)

概要

Twit Delayのサイトの説明によると「Twit Delay は指定時刻に Twitter へつぶやきを投稿するウェブサービスです。」ということです。

ものすごくシンプルです。しかもtwitterのアカウントさえ持っていれば登録は必要ありません

使い方

まずはTwit Delayのページへ飛びます。ここで説明が書いてあるのでよく読んでメインページへ飛んでください。

 

メインページへ入ったら実際につぶやきます。URLは右下のbit.lyボタンで短くできます。フッターには署名のように定形文を入れておけるので自分のブログのURLなど貼り付けておいてもいいですね。

 

時間を指定します。

 

「○○分後」という指定もできます。

 

予約するとこんな感じに表示されます。編集も削除もできるので間違って予約しちゃっても安心。

 

使用例

ブログを書いたことを告知する

ブログを予約しておいて、その予約した時間より後の時間につぶやくようにTwit Delayでも予約しておきます。こうすればブログを書いたということをツイートし忘れることがなくなります。

情報公開日時が決まってる告知

音楽をやってると結構情報公開の日時が厳しいことがあります。イベントの出演者だったりリリース情報だったり、この日のこの時間に公開してくださいっていう指定があることも多いんです。

たとえばCDをリリースするとして、情報公開日時が決まっているけどちょうどその時間は取材が入っていて手が離せないからツイートできない、なんて時にもきちんとピンポイントで情報を公開できますね。

先日僕のバンド「アマオト」の情報公開をしたのですが、その際にもメンバーと足並みをそろえるためにTwit Delayを使いました。忘れて出遅れるっていうこともありうるので(^^;)

 

まとめ

良い使用例がいまいち出てこなかったのが悔やまれますが、使い手によって様々な使い方ができるサービスだと思います。

そしてなにより物忘れの多い僕のような人にはおすすめのサービスです!

twitterを活用する人でブログを予約投稿することが多い人は是非お使いください。

Twit Delay

 

キーワード
WEBサービス