【2021】IK Multimediaのグループバイでもらえるもの一覧と個人的におすすめしたいプラグイン

【2021】IK Multimediaのグループバイでもらえるもの一覧と個人的におすすめしたいプラグイン
関連キーワード
DTM

2021年の8月から、IK Multimedia創業25周年を記念して「Group Buy(グループバイ)」という企画が行われてます。

8月末日までの予定でしたが、2021年10月31日まで期限が伸びまして、僕も参加しようと思って1つ製品を購入しました!

グループバイでもらえるプラグインをまとめつつ、個人的におすすめのものをピックアップしてご紹介します。

IK Multimediaのグループバイのルール

まずはIK Multimediaのグループバイについてざっくりと解説しておきます。

公式サイトから引用した説明が下記の通りです。

プロモーション期間中に対象製品を購入/登録した方に、購入製品価格同等もしくは購入製品価格以下のソフトウェア製品(最大24製品)をプレゼントいたします。

詳しくは公式ページをどうぞ。

この記事執筆現在では16,000人が参加してまして、1つ購入するだけで16製品がもらえるという状況です。残り数日でもう少し伸びそうな気もします。

購入した製品と同じ価格、もしくは安い価格のものしかもらえませんので、欲しいと思っているものの中で最も金額が高い製品を買ってから、欲しいものをかたっぱしからもらっていくのがおすすめです。

ちなみに、プレゼントしていただける商品は、プロモーション期間終了後30日間以内にダウンロードする必要がありますのでご注意ください。

IK Multimediaの公式サイトにログイン後、右上のプロフィールアイコンから「プロモーション」に入ると大量のグループバイでのプレゼント権がありますので、ここから1製品ずつ選んでいきましょう。

IK Multimediaのグループバイでもらえるプラグイン

先ほど貼った公式ページにてグループバイでもらえるプラグインが一覧されてますが、改めてこちらにまとめておきます。

数年後にページが削除されたときに何がラインナップされていたのか知りたいこともあるのでその記録として書き留めておきたかったので。

  • AmpliTube 5 SE
  • AmpliTube 5
  • AmpliTube Collections各種
  • T-RackS 5 SE
  • T-RackS 5
  • T-RackS 5 Deluxe
  • T-RackS Processors各種
  • ARC System 3
  • Lurssen Mastering Console for Mac/PC
  • MixBox
  • SampleTank 4 SE
  • SampleTank 4
  • SampleTank Instruments各種
  • SampleTron 2
  • Hammond B-3X
  • Miroslav Philharmonik 2
  • Miroslav Philharmonik 2 CE
  • Electromagnetik
  • Cinekinetik
  • Syntronik
  • Syntronik Deluxe
  • Syntronik Instruments各種
  • MODO DRUM SE
  • MODO DRUM
  • MODO BASS SE
  • MODO BASS

「〇〇各種」と書いたものについては、その中に細かいプラグインがたくさん入ってたので羅列するのを諦めました。ものすごい数があります。

僕はすでに所有しているプラグインが多いので、Hammond B-3Xのような人気の製品や、SampleTankなどのバージョンが上がった製品を幾つか、そしてAmpliTube Collections・SampleTank Instruments・Syntronik Instrumentsあたりからいくつか選ぼうかなと思ってます。

僕がおすすめしたいプラグイン

僕は今回のグループバイにあたり、AmpliTube 5にアップグレードしました。これでほぼ全ての製品をいただける権利を得ましたので、どれにしようか調べているところです。

すでに僕が持っていて使ったことがあるものも含めて、おすすめ製品をピックアップしていきますね。

僕が使ったことがない製品についてはネット上の情報などを元にして欲しいと思ってるだけなので、参考程度に留めて、最終的にはご自身でジャッジしてみてください。

AmpliTube 5

僕が今回購入したギターアンプシミュレーター「AmpliTube 5」はもちろんおすすめです。ギタリストなら絶対にもらっておくべきです。

他社製品も持っている中、現在最も多用しているギターアンプシミュレーターで、特にマーシャル系アンプで作ったクランチの音が好みです。

ネットで調べた情報によると、AmpliTube 4より音がだいぶ良くなってるということなので使うのが楽しみです。(←買ったのにまだ使ってない)

MODO BASS

ベース音源「MODO BASS」は、AmpliTubeに次いでよく使ってるプラグインです。

バンドメンバーに渡すデモ音源でのベースは全てこれを使ってます。もちろん、デモだけではなく作品として仕上げることもできるクオリティのベース音源です。

過去にレビュー動画を作ってますので、詳しくはこちらをどうぞ。

Hammond B-3X

ハモンドオルガン音源の「Hammond B-3X」はかなり評価の高いオルガン音源で、今回グループバイを利用してもらえるならどれがいいかと考えたときに真っ先にこちらの音源が浮かびました。

むしろ、これが欲しくて参加しようと思ったくらい。

オルガンって結構いろんな楽曲に使えるので持っておいて損はないですよね。

SampleTank 4

サンプラーの「SampleTank 4」もHammond B-3Xと並んでこの機会にもらっておきたいと思ったプラグインです。

SampleTank 3は持ってるんですが、MacのOSをアップグレードした際にどこかのタイミングで使えなくなりまして、メーカーに問い合わせたところSampleTank 4を買ってくれっていうことだったので一旦保留してたんですよね。

NI MASCHINE MK3ユーザーとしてはKONTAKT 6を使った方が楽ですが、この手のサンプラーはいくつ持ってても良いのでとりあえずもらっておきたいなと思ってます。

T-RackS 5

IK Multimediaを代表するプラグインの一つでもある「T-RackS 5」。

個人的にはWAVESのプラグインを使う機会が多くてあまり出番がないんですけども、この記事を書くにあたりいろいろと触ってみたところ、思った以上に使いやすくていいエフェクト揃ってます。

ミックス・マスタリングに使うプラグインを持ってないという方は必ずもらっておきましょう。一通り揃ってるという方は後回しでも大丈夫です。

MODO DRUM

おすすめ度はちょっと下がるものの、ドラム音源を1つも持っていないとか、ドラム音源のバリエーションがたくさん欲しいという方は「MODO DRUM」も良いと思います。

サンプリング音源ではなくモデリング音源なので、BFDなどと比べると音の生々しさには欠けるものの、ストレージ容量を圧迫しないのはメリットです。

ちなみに、僕はこれ持ってますけどほとんど使ったことないです。プリセットが即戦力なAddictive Drumsばっかり使っちゃうんですよね。

MixBox

「MixBox」は新製品だそうでこれまで全く知りませんでした。

Syntronikのエフェクター機能をそのまま抜き出したUIのプラグインで、コンパクトエフェクターを並べて使うような遊び心があります。

T-RackSとはまた違ったアプローチで使うことができそうですね。

参考にしたサイト

どんな製品をダウンロードしたら良いか調べる際に、特に参考になったサイトをご紹介しておきます。

ゆにばすさんのこちらの記事に書いてあるTOP10は、今回僕が紹介したものと結構かぶってますが、まず間違いがないものばかりだと思います。

yamazoさんのnoteもお世話になりました。記事読んでる感じだと感覚近そうだなと思っていて(MODO DRUMの評価を見て思いました)、僕が使ったことがなかったMixBoxについて言及されているので参考になりました。

YouTubeチャンネル「シバっさんMusicCreator」にて、T-RackSの中で特に良さそうなエフェクトについて解説している動画。こちらを見てEQualやMasterMatchが良さそうだなと思いました。

最後に

最終的に20製品くらいダウンロードできそうなんですが、AmpliTube CollectionsもSampleTank Instrumentsもかなりの数があるので迷ってしまいそうです。

T-RackSを長らく所有してるのにほとんど使ったことがないくらいなので、エフェクト系より音源系が良いかなとは思うんですよね。

キーワード
DTM