ニアフィールドモニタースピーカー「iLoud MTM」を購入!サイズからは想像できないパワー感と解像度が最高!

ニアフィールドモニタースピーカー「iLoud MTM」を購入!サイズからは想像できないパワー感と解像度が最高!

15年ぶりくらいにモニタースピーカーを買い換えました。

元々使っていたDYNAUDIO BM5Aというこれまで使っていたモニタースピーカーもすごく良いのですが、設置スペースの関係で小型の「iLoud MTM」を購入。

思った以上に素晴らしいモニタースピーカーだったので気に入ったポイントをご紹介します。

iLoud MTMの良かったところ

今回僕が購入した「iLoud MTM」はこちら。ペアではなく1台なので購入される際はご注意ください。ペアで買うと9万円ちょっとですね。

購入前にデモ機を使わせていただいた時のレポ記事がこちらです。

小型なのにパワフルなニアフィールドモニタースピーカー「iLoud MTM」
続きを読む

iLoud MTMの特徴などはざっくりと上記の記事にまとめてあるんですが、実際に使ってみた感想を挙げてみたいと思います。

小さくて軽いのに出力は大きい

とにかく本体サイズが小さいです。机の脇にポンと置いても邪魔になりにくいため、机を広く使うことができます。

また重量も軽いため、どこかに移動させたい時も苦労なく運べます。

そんな小型のボディにも関わらず、かなり音がでかいです。

背面にボリュームノブがあるんですが、最小にしておいても全然問題ないくらいしっかりとした音量で出力されます。

小型のモニタースピーカーは音量小さい印象がありましたが、思った以上にパワーがありますよ。

レンジが広くてローがしっかり出る

音量だけでなく、レンジもしっかりと広めです。特にちゃんとローが出るのがありがたいところ。

小型のモニタースピーカーでここまでローが出る機種ってそんなに多くないと思います。

もちろん大型のスピーカーと比較した場合に物足らないことがあるかもしれませんが、その場合はウーハーなどで補うとして、普段使いのモニタースピーカーとしては十分すぎるほどです。

解像度が高い・音の分離が良い・定位がわかりやすい

出力がデカくてレンジが広く、さらに解像度も高いですし、音の分離も良くて、定位もわかりやすいです。

至れり尽くせりです。すごくバランスが良くて使いやすいなと感じてます。

特に音の分離の良さはすごく好みです。楽器一つ一つの音がばらけて聴こえるのが超快適です。

インシュレーターを使ってない状態でこれだけ音の分離も定位も良いので、硬めの材質のインシュレーターを使えばより拘りたい人にも十分なんじゃないかと思います。

自動音場補正機能で部屋の環境を気にしなくてもそれっぽく使える

僕のように音楽のために部屋を作り込んでない場合、ミックスするのに適してない状態でモニタースピーカーを使い続けることになります。

カメラでいうとピントがあってないようなものなので、当然そんな環境だと満足のいくミックスができなかったりしますよね。

そんな時に「自動音場補正機能」を使うと部屋の鳴りを元に最適な設定に整えてくれるんです。

付属のマイクをスタンドに立ててチャチャッと設定が終わってしまうので、音楽制作部屋として作り込めない環境の方には特におすすめできます。

電動昇降デスクとの組み合わせが便利

僕がiLoud MTMを検討し始めたきっかけとなったのは、電動昇降デスクの導入です。

電動昇降デスクというのは、ボタン一つでスタンディングデスク化できる優れものなんですが、机の上にモニタースピーカーを置かないと、立った姿勢の時には座り位置用に高さを調整したモニタースピーカーでは位置が低すぎるんですよね。

机の上に置くとなると小さくて軽い必要がありますので、小さいけど大きなスピーカーに負けない出力があるiLoud MTMは最適の選択肢でした。

電動昇降デスク「Flexispot E7」ならワンタッチでスタンディングデスク化!デスクワーク時間が長い人におすすめです!
続きを読む

最後に

在庫がなくて2ヶ月弱待ちましたが、良い買い物でした。

デスク環境がだいぶ整ってきたので、どこかのタイミングで「仕事もDTMもできてケーブル少なめな電動昇降デスク」をご紹介しますね。

キーワード
DTM