Apple M1チップ搭載の新型Macのどれを買うか迷ってるのでざっくりと比較してみた

Apple M1チップ搭載の新型Macのどれを買うか迷ってるのでざっくりと比較してみた

MacBook Pro 16インチを今年の春に買いまして、Apple M1チップ搭載の新型Macの方が性能が良いという噂を聞いて凹んでおります。

おそらく僕と同じような境遇の人が多いと思うので、買い換えるとしたら何を買うのが良いか、いろいろと調べたり考えたりしたのでまとめておきます。

Apple M1チップ搭載の新型Macのすごさ

実際に購入した友人たちの情報によると、ざっくりと下記のようなところがすごいようです。

  • 動作がサクサク
  • 電池持ちがものすごい
  • 発熱が抑えられ、ファンが静か
  • Mac上でiOSアプリが動く

冒頭にも書いた通り、CPUもメモリも最大まで盛ったMacBook Pro 16インチよりもMacBook Airの方が快適という話なので、相当快適なんだと思います。

ブラウジングや文章執筆など簡単な作業はもちろん、動画編集や動画の書き出しなどがかなり早くなったという話もあります。

MacBook AirもMacBook Proも、メモリを8GBにするか16GBにするかという選択肢しかなく(ストレージ容量は3択くらいありますけど)、選択肢がシンプルなのも嬉しいところ。しかも8GBのメモリでもだいぶサクサク動くそうで、とりあえず一番下のスペックのものをiPadくらいの感覚で買っちゃっても良いんじゃないかと思ってるところです。

Apple M1チップ搭載のMacBook Air, MacBook Proの懸念点

唯一心配してるのは、USBポートが2つしかないこと。

1つは電源で埋まるので、いくら電池持ちが良いとはいえ、我が家のMacBook Proのように3ポート常に埋まっていて空いてる1つでやりくりしているような人にとってはちょっと大変かなと。

下記のようなケーブル1本つなげば充電から何から何までできるようなドッキングステーションなどを導入しないと、少なくとも僕の環境だと使いにくいなと思いました。

Mac miniという選択肢

MacBook AirやMacBook Proというラップトップの選択肢を一旦忘れて、Mac miniをチョイスすればその辺りの懸念点を解消できそうなんですよね。

正直コロナ禍で自宅にいる時間が圧倒的に多くなり、外出することはあっても、カフェで作業しようっていう気にならないんですよ…。

Mac miniであれば、例えばレコーディングの時にスタジオにMacを持っていきたい場合、MacBookほどの手軽さはないものの運ぶこと自体は苦ではないので、Mac miniという選択肢はありだなと思ってます。

iMacはそういう意味では僕の中で選択肢に入ってこないので、今後M1チップ搭載のiMacが出たとしても買うことはないと思います。

drikinさんのレビュー動画見て、小さいディスプレイとの組み合わせがコンパクトで良いなって思ったんです。持ち運び時にはこんなスタイルでも良さそうだなと。

メインマシンMac mini + サブ機MacBook Air

そもそもMac miniもMacBook Air、両方買ってメインとサブで使い分けるのもありかなと思ってます。

普段外で使うことがないとはいえ、なんらかの事情で外で作業せざるを得ないことが年に数回はあると思うんですよね。

そういう時にだけ登場するサブ機としてMacBook Airを買うのはあまりにも贅沢な選択肢ですが、現在のMacBook Pro 16インチの金額を考えたら激安ですしね。

最後に

MacBook Pro 16インチでも問題ないのでしばらくは悩みますが、M1チップの快適さを体感してみたいという気持ちはあります。

MacBook Airをサブ機として買うか、メインマシンをMac miniにするか、もうちょっと検討してみたいと思います。

DTM環境的にはもう少し待たないと対応してないソフトなどもあるので、どちらにせよもうちょっと様子は見ますけどね。

キーワード
Mac