有線ピヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」を購入!1,700円と格安なのに聴きやすいイヤホン!

有線ピヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」を購入!1,700円と格安なのに聴きやすいイヤホン!

以前にピエール中野監修の通称ピヤホンと呼ばれるイヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」のざっくりレビューを書いたんですが、比較対象として有線ピヤホンも試したいと思い、「Hi-Unit HSE-A1000PN」を購入しました。

正直、1,700円という格安のイヤホンでここまでちゃんとしてる製品ってなかなかないんじゃないかなという思いと、無線の方のピヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」ってやっぱりすごいなと改めて実感しました。

有線イヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」の所感

僕はこれまでイヤホンにさほど興味がなく、無数のイヤホンを試したというわけではなく、良いイヤホン欲しくて何個か試したことはあるものの、数千円程度のイヤホンだと似たり寄ったりで気に入ったものに出会えず、ここ最近だとピヤホンと出会うまではAirPods使ってました。

AirPodsは利便性という意味で使ってたわけですが、音質も悪くないですし、他のイヤホンに手を出す必要性がなかったんですよね。

そんな僕がピヤホンを使ってみて、だいぶ考え方が変わりまして、イヤホンによって聴こえ方ってやっぱり違うなと。

イヤホンで1,700円って、家電量販店でずらっと並んでいる中でも安い方ですよね。これだけ安いと正直大して良い音しないと思ってしまいますが、実際は聴きやすい音質です。

もちろん、めちゃめちゃ音が良いっていう感じでもないですけど、価格に対しての性能が高い印象です。無線の方のピヤホンと同様でいろんな楽器が聞こえてくるような、音楽が楽しめるように作られてるイヤホンだなと感じました。

こちらがパッケージ。

イヤホンケース付きです。

カナル型なので耳の形によって付けにくいということもなく、音漏れも少なめです。

無線と有線のピヤホンを比較

無線ピヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」と、有線ピヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」を比較すると、どちらにも共通するのはいろんな楽器が聴こえてくるというところ。重厚感というよりはスッキリ感のある聴き心地で、そのおかげで様々な楽器の音に気づけるのかなと思います。

音の方向性としてはどちらも良い塩梅の高域がしっかりと出ていて、それでいてキンキンしてないところも共通してますが、有線ピヤホンの方がよりドンシャリな感じがしました。

冒頭に書いた通り有線ピヤホンを使ったことで、より一層無線ピヤホンが素晴らしいと気づいたんですけども、長時間聴いてても疲れないのは無線ピヤホンだなと。2万円以上の金額差があるので当然といえば当然ですけどね。

どちらをおすすめするかと問われたら有線ピヤホンの方が安いことからまずサクッと買ってみたら良いと思いますけども、有線ピヤホンが仮にツボにハマらなかったとしても無線ピヤホンはもっと良いのでこちらもぜひ試して欲しいなという気持ちです。

最後に

2,000円以内の価格帯ですし、気になってる方はぜひ買ってみていただきたいです。

Amazonなどのモールにはなかったので、「eイヤホン」でご購入ください。

キーワード
ガジェット