ピエール中野監修の通称ピヤホンと呼ばれるイヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」のざっくりレビュー

ピエール中野監修の通称ピヤホンと呼ばれるイヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」のざっくりレビュー

凛として時雨のドラマーであるピエール中野氏が監修したワイヤレスイヤホン「AVIOT TE-BD21f-pnk」を購入しました。

ネット上では「いままで聞こえなかった音が聞こえるようになった」などと好評で、僕自身もすごく興味あったので購入したんですが、前評判通りすごく良いイヤホンだったのでご紹介します。

通称「ピヤホン」の外観

この度購入した、通称「ピヤホン」はこちら。

こちらが充電ケースとイヤホン本体。

ケースの上蓋をスライドして開けるとこのようにイヤホンを収納できます。

カナル型イヤホンなので、耳の形によってつけ心地が変わるということもなさそうです。

USB-Cで充電できるのは嬉しいところです。

ピヤホンの所感

ピヤホンで音楽を聴いた、僕なりの感想を書いておきます。あくまで個人の感想なので、参考程度に留めておいてください。

まず最初に感じたのは、音の分離が良いなと。いろんな楽器が聞こえてくるという世間の評判って、分離の良さによるものなのかもしれないですね。確かにそれぞれの楽器の音をよりはっきりと聞き取ることができます。

また、スッキリしているという印象もあって、変にブーストした帯域がなく、むしろカットする方向で作っているんだろうなと思いました。

このスッキリとした音であれば、長時間聴いていても疲れないだろうなと感じました。現時点ではまだ何時間もぶっ続けでピヤホンを使ってはいませんが、AirPodsよりも移動中に使いたいイヤホンだと思ってます。

ただ、AirPodsと比べると多少ペアリングが煩わしいので、やはりそこはApple製品同士であることの利便性はありますけどね。

有線ピヤホンもおすすめ

今回紹介した無線で使えるピヤホンだけでなく、有線ピヤホンも発売されています。

こちらは2,000円以内で買えることもありかなりお手軽です。この価格感にしては聴きやすいイヤホンなので、詳しくは下記のレポ記事をご覧ください。

有線ピヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」を購入!1,700円と格安なのに聴きやすいイヤホン!
有線ピヤホン「Hi-Unit HSE-A1000PN」を購入!1,700円と格安なのに聴きやすいイヤホン!
続きを読む

最後に

実は、数万円するようなイヤホンを買ったのが初めてでした。

ヘッドホンは数万円のものを買ったこともありますし今も使ってるんですが、イヤホンは数千円のもので何度かハズレを引いていて、iPhoneに付属している有線のイヤホンをずっと使ってたんですよ。最近ではAirPodsばかりでしたし。

ようやくちゃんと音楽が聴ける良いイヤホンと出会えたと思えたので、これからはピヤホンのおかげでで移動中も音楽を楽しめそうです。

キーワード
ガジェット