ミュージシャンが生配信するならFrekul経由でSHOWROOMの公式アカウントになるのが良さそう

ミュージシャンが生配信するならFrekul経由でSHOWROOMの公式アカウントになるのが良さそう

生配信の需要が増えてきたこともあり、どのプラットフォームが良いのかいろいろ調べてるんですが、もしミュージシャンであれば「SHOWROOM」が良さそうだなと思いました。

また、音楽活動を支援してくれるウェブサービス「Frekul(フリクル)」を通してSHOWROOMに登録すると、公式アカウントとして生配信ができるのでおすすめです。

SHOWROOMの特徴

生配信をするためのプラットフォームはたくさんあって、

  • YouTube Live
  • ツイキャス
  • Facebook Live
  • インスタライブ
  • SHOWROOM
  • 17 Live
  • Rakuten LIVE

というように、今パッと思いついただけでもこれだけあります。(調べたらもっとたくさんあると思いますが。)

これらのプラットフォームから自分にあったものを選ぶにあたり、様々な視点があると思います。

  • スマホで手軽に配信したいか、パソコンから配信したいか
  • 視聴者が課金できるかどうか
  • 生配信後にアーカイブを残したいかどうか
  • 視聴者がアカウントを登録する必要があるかどうか

SHOWROOMは「スマホで手軽に配信ができて、配信者へ課金することが可能」というのがメリットですが、残念ながらアーカイブは残せません。

ただ、アーカイブを残せないことも「リアルタイムじゃないと観れない」というレア感を生み出せるので、そこをメリットだと感じられる方には向いてると思います。

また、SHOWROOM内での新しい人に観てもらえる仕組みもあり、新しく始める人にとってもチャンスがあるのもメリットですね。

SHOWROOMの公式アカウントとして登録する

SHOWROOMの公式アカウントとして登録するためには、まずFrekulに登録する必要があります。

その上で、下記のリンク先の登録フォームから審査に出す形です。審査があるので誰でも使えるという訳ではないですが、きちんとした活動をしている方であればちゃんと審査通ると思います。

上記のサイト内にありますが、Frekulを運営する「ワールドスケープ」を通してSHOWROOMに登録することでのメリットは下記の通りです。

  1. 通常のアマチュア枠ではなく、ミュージック、アイドル、タレント・モデル、声優・アニメ、お笑い・トークといったカテゴリで公式アカウントとして配信できる!
  2. SHOWROOMオーガナイザーとして、ワールドスケープの専門スタッフがLINEで全面サポート!
  3. 今月は何回配信して、売上はいくらなのか?上げるのはどうしたらいいのか?などが毎日確認できる独自システムあり!

闇雲に生配信をするのでなく、戦略的に取り組みたい人にとっては公式アカウントはかなり旨味があるんじゃないでしょうか。

Frekulに登録しておくとカラオケ配信なども可能に

SHOWROOMの公式アカウントとしての生配信だけでなく、Frekulに登録しておくと様々なメリットがあります。

  • 手軽にカラオケに配信できる「簡単カラオケ配信」
  • メジャーレーベルの担当者まできちんと届く「スマートオーディション」
  • 各種音源配信サービスへの登録が手軽にできる

などなど。音楽活動をサポートしてくれる強力なサービスです。ほとんどの機能が無料で使えるのもありがたいところですね。

簡単カラオケ配信については記事も書いてますので、こちらもぜひご覧ください。

誰でもカラオケに配信できて印税も受け取れる!Frekulの「カラオケ配信サービス」がすごい!
誰でもカラオケに配信できて印税も受け取れる!Frekulの「カラオケ配信サービス」がすごい!
続きを読む

低予算で高クオリティの生配信をするにはまず照明から

生配信をするにあたり、手っ取り早くクオリティを上げるためには照明にこだわるのが良いと思ってます。

僕が使ってる照明機材は下記の記事で紹介してますので、こちらもぜひご覧ください。

生配信や動画撮影にはカメラよりまず照明機材を整える方が安価にクオリティをあげられる
生配信や動画撮影にはカメラよりまず照明機材を整える方が安価にクオリティをあげられる
続きを読む

最後に

僕自身も、生配信をやってみたいと思って調べ始めまして、音楽系のコンテンツであればSHOWROOMは相性が良いなと思ったのでまとめてみました。

個人的には一眼レフカメラを使った綺麗な画質で生配信をしたくて、そうなるとYouTube Liveが良いのかなと思いつつ、これまで接点のなかった人に観てもらえる機会が得やすいSHOWROOMも良さそうだなと迷ってるところです。

生配信は奥が深そうなので、いろいろ試してみて得たノウハウはまたブログで紹介していきますね。

キーワード
WEBサービス