推しにお金を落とすには「CDを買ってサブスクで聴く」のが良い

推しにお金を落とすには「CDを買ってサブスクで聴く」のが良い

最近では月額いくら支払うと音楽が聴き放題になる「サブスクリプション型」の音楽配信サービス(以下、サブスク)が増えてきました。

自分の好きなアーティストに良い作品を作り続けてもらうためには「いかにお金を落とすか」を考えますが、一番良いのはCDを買った上でCDは聴かないのが良いのではないかなという一つの提案です。

CDを聴き続けてもアーティストにお金が入らない

CDは買った時点でお金を支払いますので、たくさん売り上げればその分だけアーティストに印税が入ります。

ただ、CDを一度買ったあとはそのCDを聴き続けていてもアーティストにはお金が入りませんよね。カラオケなどで歌えばその印税は入りますが、それはまた別の話なので。

まわりくどくなりましたが、つまり「サブスクで聴いてお金を落としましょう」ということです。

家で聴くならCDをプレイヤーに入れて聴いても、スマホ・タブレット・パソコンで聴いても変わらないので、それならサブスクで聴くことでアーティストにお金を落とすことができます。

というわけで、例えば嵐のような活動休止が決まっているアーティストの活動休止期間中にお金を落とすなら、サブスクで曲を聴きましょう。

サブスクは何を選ぶのが良いか

一言に音楽配信系のサブスクと言っても様々なサービスがあります。

どのサービスを選んでも良いですが、絶対に選んではいけないのはMusic FMのような違法音楽アプリです。このアプリは無料で利用可能ですが、アーティストにお金を落とすことができません。

そもそも違法アプリだから使うべきではないですし、アーティストにお金が入るように動くのがファンのあるべき姿だと思いますので、「いかにお金を落とすか」を考えてサブスク選びをしましょう。

僕はGoogle Play Musicを使っていて、自分の持っている楽曲のデータをアップロードできるのが利点なんですよ。

アップロードといっても自分が聴くことしかできないので「楽曲データを違法にコピーしている」わけではないのでご安心ください。

サブスクで発掘する楽しさもある

サブスクを使ってる方はすでに体験していると思いますが、これまで聴かなかったアーティストの曲を聴く機会が圧倒的に増えます。

サブスクでは聴き放題なのでいくらでも聴いてしまうんですが、そこでどハマりするとライブに行ったりグッズ買ったりし始めて、そのうちCD買っちゃったりします。サブスクで聴けるのにCDも買っちゃうんですよ。

CDをグッズの1つとして捉えて買ってしまうんですよね。

そうしてCDを買ったのちには、やはりCDは聴かずにサブスクで聴くことでアーティストにお金を落とす、という具合にループしていきます。

最後に

僕はモーニング娘。とJuice=JuiceはCD買うほどハマってますが、その他のグループはCD買うまではいかなくてもサブスクになれば相当な時間流しっぱなしにはすると思うんですよね。

というわけで、ハロプロ運営のみなさんには早いところサブスクの解禁をお願いします。

キーワード
音楽