歯科医に聞いた歯磨き粉の選び方!フッ素の含有量がポイント!

歯科医に聞いた歯磨き粉の選び方!フッ素の含有量がポイント!

虫歯を防ぐにはやっぱりフッ素が重要らしく、そのフッ素がどれくらい歯磨き粉に含まれているかを見て買うのが良いと、歯医者さんに教えていただきました。

以前は虫歯が多かったものの最近ではちゃんとしたケアができるようになってきた僕が使っている歯磨き粉をご紹介します。

フッ素含有量が多い歯磨き粉

僕が最近使っている歯磨き粉は、ライオンの「チェックアップスタンダード」というものです。

歯医者さんに聞いたところ、フッ素が1450ppm入っている歯磨き粉が虫歯予防には良いそうなんですが、実は「1450ppm入ってます」という表記のある歯磨き粉があんまりないらしいんですね。

各メーカーに問い合わせても、フッ素含有量は教えられないという回答が多いらしく、はっきりとフッ素の含有量が1450ppmであると謳っている歯磨き粉としてこちらを紹介していただきました。

正面にフッ素が1450ppm入っていると記載があります。

背面も一応載せておきます。いろいろ書いてますが僕には詳しいことはわかりません。

まぁ、見た目は一般的な普通の歯磨き粉です。ミントのスースーした感じは控えめです。

歯磨きだけでなくフロスを使って歯間ケアも

歯ブラシと歯磨き粉を使った歯磨きだけだとオーラルケアは不十分なので、フロスも活用しています。

僕が使っているフロスについては記事をまとめてますので、こちらをご覧ください。ワックス付きなのにしっかりと食べかすやプラークを掻き出してくれるという優れものです。

関連記事『虫歯予防のために「フロアフロス」が最高!食べかすもプラークもしっかり掻き出せる!』のサムネイル画像
虫歯予防のために「フロアフロス」が最高!食べかすもプラークもしっかり掻き出せる!
続きを読む

最後に

僕の口内環境は他の人に比べて虫歯になりやすいそうで、なるべく虫歯を防ぐためにこの歯磨き粉をチョイスしました。

フッ素含有量がはっきりと明記されているものであれば他のメーカーの物でも良いとは思いますが、現状僕はライオンのチェックアップスタンダードが気に入ってますので、ぜひみなさんもチェックしてみてください。

キーワード
生活