武蔵小山に新しいコーヒー豆屋さん「村上式珈琲焙煎店」がオープン

武蔵小山に新しいコーヒー豆屋さん「村上式珈琲焙煎店」がオープン

2018年4月7日に武蔵小山に新しいコーヒー豆を販売するお店ができました。

「村上式珈琲焙煎店」というお店で、店内がおしゃれだし、コーヒーもおいしかったし、店員さんも親切で良いお店でしたよ。

村上式珈琲焙煎店

「村上式珈琲焙煎店」はカフェという感じではなく「お店の中で味見ができる程度の席がある」というタイプの、コーヒー豆を販売しているお店です。

武蔵小山には「やなか珈琲」や「アマメリアエスプレッソ」などの同じタイプのお店が他にもあって、しかもそれぞれのお店がそこそこ近いんですよね。カルディも近いし。こんな近距離にコーヒー豆屋さんが乱立してます。

100時間カレーB&R」や「餃子屋のふく肉」の並びです。

店内はこんな感じ。撮影しているのは店内の一番奥で、3人ギリギリ座れるくらいのテーブル席があります。冒頭に書いた通り、ここで落ち着いてお茶するようなスペースではないので長居は難しいですね。

コーヒー豆を買ったら1杯ホットコーヒーをサービスしてくれました。買った豆とは違った豆で淹れてくれまして、実際に飲んで試せるのっていいですよね。

うちにはコーヒーメーカーがあるので豆のまま買って帰りましたが、ハンドドリップ用に挽いてもらうことも可能です。

コーヒー豆はどれも200gで900円くらいのものが多かったです。僕が良く行っているやなか珈琲では100gで700円くらいなので、価格的にはお得な感じ。

買って帰った豆は「苦み強めで酸味弱め」という要望で選んでもらったんですが、僕の感覚ではやや酸味強めでした。お店でいただいたコーヒーも酸味が強いコーヒーだったので、全体の傾向として酸味強い気がしますね。

最後に

コーヒーって気分や淹れ方によって味も変えたかったりしますし、お店の選択肢が増えたのは嬉しいですね。

個人的には苦みの強いチョコ系の香りがする豆が好きなので、やなか珈琲のモンテショコラードを飲んでるんですが、酸味のある爽やかなコーヒーが飲みたい時にまた行ってみようと思います。

キーワード
ご飯