コーヒー豆は冷凍保存すると香りが飛ばなくていい

コーヒー豆は冷凍保存すると香りが飛ばなくていい

これまでコーヒー豆を空き缶に入れてその辺に置いて保管してたんですが、最近「コーヒー豆は冷凍保存すると香りが飛ばなくていい」と聞いて試してみました。

冷凍保存すると、挽いた豆でも結構な期間香りが飛ばずに楽しめます!これはもっと早く知りたかったです!

堀口珈琲のコーヒー豆保存方法

これから紹介する情報は、堀口珈琲でコーヒー豆を買ったときに送られてきた「コーヒー豆保存方法について」を僕なりに解釈したものです。

一旦僕というフィルターをかましてしまうので、より正確な情報を知りたい方はぜひ堀口珈琲でコーヒー豆を買ってみてください。

コーヒー豆を挽いたその日から冷凍保存

ハンドドリップでコーヒーを飲むときは、我が家では近所のコーヒー屋さんで豆を挽いてもらってます。

その挽いた豆を、こんな具合にフリーザーバッグに入れて冷凍庫に放り込んでます。

こうやって冷凍保存しておくと、いつ飲んでも挽き立てのような香りが楽しめるんですよ。常温保存してた頃と比べるとびっくりするほど香りに差がでます。こんなに劣化してたんだなと実感しますね。

自宅で豆を挽いて飲むという方はいつでも挽き立てを楽しめますが、僕は「家で挽いてまで飲むのはめんどくさいけどコーヒーの香りは全力で楽しみたい」と思っちゃうので、冷凍保存をするようになって幸福感が跳ね上がりました。

豆のままであれば2週間は常温保存で

豆のまま購入した場合は即冷凍保存しなくてもいいそうで、むしろ常温保存している間に味も香りも変化していくため、その変化も楽しみつつ長期保存するなら冷凍するのが良いとのこと。

味や香りのピークは「焙煎からおよそ1週間」で、そこから緩やかに劣化していくため、「購入後2週間経ったら冷凍保存」が良いそうです。

こちらも挽いた豆同様フリーザーバックのような密封容器に入れて保存しましょう。

冷凍した豆を使う際、冷凍庫から取り出してすぐに使っても問題ないそうですので、手間もかかりませんね。

最後に

最近コーヒーメーカーを購入したので、このコーヒーメーカーと相性の良いコーヒー豆を探していろいろ試している最中です。

関連記事『デロンギのコーヒーメーカーを購入!カフェジャポーネ機能付きモデルで入れるコーヒーが最高です!』のサムネイル画像
デロンギのコーヒーメーカーを購入!カフェジャポーネ機能付きモデルで入れるコーヒーが最高です!
続きを読む

ハンドドリップで淹れるのもおいしいんですが、コーヒーメーカーで淹れたエスプレッソも最高なんですよね。

そんなわけでいろんなコーヒー豆を買っても、冷凍保存して香りが飛ばないのはありがたいです。

ぜひみなさんもコーヒー豆は冷凍庫で保存してみてくださいね。

キーワード
料理