iPhoneでSDカードを読み込めるカードリーダーが便利!一眼レフカメラで撮影した写真をすぐSNSに投稿できる!

iPhoneでSDカードを読み込めるカードリーダーが便利!一眼レフカメラで撮影した写真をすぐSNSに投稿できる!

一眼レフカメラで撮影した写真はWi-Fiでスマホと接続して送ることもできるんですが、転送速度が遅くて複数枚を送るのにはちょっと大変で、結局使わなくなってしまいました。

とはいえ撮影したその場でスマホに移したいことも多かったので、SDカードのデータをそのままiPhoneに転送できるようにiPhone対応のSDカードリーダーを購入したところ、めちゃめちゃ快適だったのでご紹介します。

Apple純正のSDカードリーダー

僕が購入したのはApple純正のSDカードリーダーです。

Amazonや楽天を見るといろんなメーカーから出てますが、コメント欄を見ると「動画は読み込めなかった」とか「iPhone Xに対応してなかった」という声もありましたので、安定を求めて純正品を購入しました。

こちらのSDカードリーダーはiPhoneでもiPadでも使えます。箱の裏面や付属のマニュアルを見るとiPad用っぽい書き方をしてるんですけどね。

本体はこんな感じ。軽くて小さいのでカバンの隅に入れておけます。

注意しないといけないのは、SDカードの写真・動画をiPhoneに読み込むことはできますが、iPhoneの写真・動画をSDカードに保存することができません。あくまで「SDカードリーダー」であるということですね。

僕のように、カメラで撮影した写真や動画をiPhoneに送ることが目的であれば、用途としては十分なはずです。

SDカードリーダーの使い方

使い方は簡単。SDカードを入れて、iPhoneやiPadのLightning端子に挿すだけ。

写真アプリを開くと一番右側に「読み込む」という項目が増えていて、こちらで写真をiPhone側に読み込むことができます。

選んだ写真だけを読み込むこともできますし、SDカードの内容全てを読み込むこともできます。

iPhoneの容量を増やしたいだけなら

SDカード対応ではないですが、単純にiPhoneの容量を増やしたいだけなら下記の記事で紹介しているカードリーダーがおすすめです。

対応メディアはmicroSDカードなのでカメラのデータを吸い上げる用途には向きませんが、カードリーダー自体の価格が安めなので手軽に使えるのが嬉しいところです。

iPhoneに外付けでSDカードを挿せるカードリーダー「CR8800」が便利!
続きを読む

最後に

撮影した写真を数枚だけその場で渡したいということが結構あるんですよね。集合写真だけその場でSNSに投稿したいとか。

そんな時にサクッとiPhoneに送信できるので便利ですよ。

キーワード
ガジェット