仮想通貨を管理するハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を安全に購入する方法

仮想通貨を管理するハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を安全に購入する方法

仮想通貨を管理するハードウェアウォレット「TREZOR」を安全に購入する方法についてご紹介しましたが、この記事執筆現在、TREZORではリップル(XRP)が対応してないんですよね。

というわけで、「Ledger Nano S」というXRPにも対応したハードウェアウォレットを購入する手順についてご紹介します。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」は必ず公式サイトで購入しよう

「Ledger Nano S」はフランスのレジャー社が取り扱うハードウェアウォレット。

ハードウェアウォレットというのは仮想通貨を安全に保管するためのツールで、パソコンやスマホなどのウォレットや取引所で管理しておくよりもハッキングされるリスクが少なくなるので、仮想通貨を守るためにおすすめしたいアイテムです。

物理的なモノなので、紛失のリスクはありますけどね。とはいえ持ち歩くようなものでもないですし、大事に保管しておけば問題ないと思います。

Ledger Nano SはAmazonなどでも販売してるのでそこで買いがちですけども、Amazonなどで購入するとLedger Nano Sに悪意のある第三者が何らかのプログラムを仕込んでる可能性もあります。

そんなわけで、必ず公式サイトから購入しましょう。ヤフオクやメルカリなどのネットオークションで買うのは論外です。絶対にやめましょう。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を公式サイトから購入する手順

では、購入の手順を順番にご紹介していきます。

まずは支払い方法が「ビットコイン・クレジットカード・Paypal」の3択ですので、いずれかの用意をしましょう。クレジットカードはVISAかマスターカードが対応しています。

支払いの準備ができたら下記のサイトに飛んでください。レジャーの公式サイトです。

https://www.ledgerwallet.comというドメインのサイトですね。

日本の代理店もあるのでこちらで購入するのも問題ないでしょう。

僕は海外のレジャー社のサイトから直接購入したので、これから紹介する画面は全て海外のサイト用のものです。

サイトにアクセスしたら少し下にスクロールします。

Ledger Nano S購入ページへのボタンがあるのでクリックします。

必要な個数を選んで、ADD TO CARTでカートに入れましょう。壊れた時の復元用に2つ購入しておくと良いでしょう。

Checkoutをクリックして先に進みます。

個数と合計金額を確認したら下にスクロールします。

納期を気にしなければ1〜3週間で届きます。納期を急ぎたければ追加料金が必要になります。

名前や住所を入れて行きます。海外のサイトなので英語で入力する必要がありますが、そんなに難しくないと思います。

英語での住所入力に慣れてない方はこちらをご覧ください。

関連記事『海外の通販サイトなどで住所や名前を英語で書くときの書き方』のサムネイル画像
海外の通販サイトなどで住所や名前を英語で書くときの書き方
続きを読む

利用規約などを読んでチェックを入れて行きます。

支払い方法を「ビットコイン・クレジットカード・Paypal」から選んで、CONTINUEをクリックします。

クレジットカードで支払う場合はこんな画面になりますのでCONFIRM&PAYをクリック。

クレジットカード情報を入力してValidateボタンをクリックします。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」で保管できる仮想通貨

Ledger Nano SとTREZORは対応している銘柄が少し違っています。

Ledger Nano Sに対応している仮想通貨の銘柄については公式サイトをご覧ください。

特にリップル(XRP)に対応しているのが特徴なので、リップラー必携アイテムです。

XRPを所有している方はLedger Nano SXEMを所有している方はTREZOR、両方持ってる方は両方買いましょう。

TREZORを購入する手順についてはこちら。

関連記事『仮想通貨を管理するハードウェアウォレット「TREZOR」を安全に購入する方法』のサムネイル画像
仮想通貨を管理するハードウェアウォレット「TREZOR」を安全に購入する方法
続きを読む

最後に

Ledger Nano SはAmazonやヤフオクなどでも売ってますが、絶対に公式のサイトでのみ購入するようにしてくださいね。

今回ご紹介した手順で安全なLedger Nano Sを入手しましょう。

キーワード
仮装通貨