ビットフライヤーで電話番号認証などの本人確認をする手順

ビットフライヤーで電話番号認証などの本人確認をする手順

「ビットフライヤー(bitFlyer)」に登録が完了したら、本人確認をしないと取引を開始することができません。

というわけで、電話番号認証などの本人確認をする方法についてご紹介します。

ビットフライヤーの本人確認の手順

ビットフライヤーに登録してない方はこちらの記事を見ていただくとして、

関連記事『ビットコインなどの仮想通貨を買うために!取引所「ビットフライヤー」の登録手順』のサムネイル画像
ビットコインなどの仮想通貨を買うために!取引所「ビットフライヤー」の登録手順
続きを読む

登録が済んだら本人確認するために電話番号認証と、免許証などの証明書を提出しましょう。

電話番号認証をする

管理画面の右下に本人確認用の項目がありますので、こちらをクリックします。まずは電話番号認証から。

携帯電話の電話番号を入れて「携帯電話番号認証をする」ボタンを押します。

すると携帯電話にSMSが届きますので、そこに書いてあるコードをこちらに入力してください。

銀行口座情報確認をする

次に銀行口座を紐付けます。取引用の口座はなんでもいいですが、ネットでサクッと振込みができる口座を持っておくと取引が楽にできておすすめです。

IDセルフィーの設定をする

運転免許証やパスポートなどの証明書を持った顔写真を送って本人確認をします。ページに書いてある通りにスマホで撮影すればおっけーです。

ハガキを受け取る

上記の3ステップの作業が済むとビットフライヤーからハガキが送られてきます。このハガキを受け取ったら本人確認作業が完了となります。

登録完了からハガキが届くまで、僕は4,5日ほどでした。登録人数が一気に増える時期などは取引開始までに待たされる可能性もありますので、早めに登録しておいた方がいいと思いますよ。

最後に

登録が完了して本人確認も済んだら、セキュリティーを高めるために二段階認証などの設定をしましょうね。下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事『ビットフライヤーに登録したらセキュリティー強化のためにパスワード変更と二段階認証をしよう』のサムネイル画像
ビットフライヤーに登録したらセキュリティー強化のためにパスワード変更と二段階認証をしよう
続きを読む
キーワード
仮装通貨