ビットフライヤーに登録したらセキュリティー強化のためにパスワード変更と二段階認証をしよう

ビットフライヤーに登録したらセキュリティー強化のためにパスワード変更と二段階認証をしよう

ビットコインなどの仮想通貨を購入するために「ビットフライヤー(bitFlyer)」に登録した方には、まず最初にセキュリティーを強化するためにやっておいて欲しいことがあります。

セキュリティーを強化するために、ビットフライヤーから送られてきた初期パスワードを変更することと、二段階認証設定をやっておきましょう。

送られて来た初期パスワードを変更する

ビットフライヤーに登録するとメールで初期パスワードが送られてきて、そのパスワードを使ってログインすることになります。

この初期パスワードは最初にログインした時に変更しておきましょう。

ログインしたら左側のメニューから「設定」に入って「パスワード設定」をクリックします。

メールに載っていた初期パスワードを入れて、変更したいパスワードを入れてください。他のサービスで使っていないオリジナルのもので、桁数もそこそこ多めにした方が良いと思います。

二段階認証を設定する

ログインする際にメールアドレスとパスワードの組み合わせだけだとリスクがあるので、二段階認証の設定をしましょう。

スマホの二段階認証用のアプリを使うと一回限りのパスワードを発行できます。そのアプリを使ってログインすることになるので、携帯電話を盗まれない限りは安心です。

まず、Google Authenticatorなどの二段階認証用のアプリをスマホにインストールします。

うっかり二段階認証しちゃった後のスクショなんですけども、左側のメニューの「設定」から「セキュリティ設定」に入り、二段階認証の設定に進みましょう。

登録してあるメールアドレス宛にメールが届いてますので、そこに載ってる確認コードを入力して次へ進みましょう。

「認証アプリを使う」にチェックを入れて、次へを押します。

Google AuthenticatorなどのアプリでQRコードを読み取ってください。アプリ内に二段階認証用の6桁の数字が表示されますので、それを入力欄に入れて「二段階認証を設定する」を押して完了です。

最後に

ビットフライヤーに登録してない方は、下記のリンクから登録してみてくださいね。

登録後は下記の手順で本人確認ができます。

関連記事『ビットフライヤーで電話番号認証などの本人確認をする手順』のサムネイル画像
ビットフライヤーで電話番号認証などの本人確認をする手順
続きを読む

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

キーワード
仮装通貨