Logic Pro Xで波形を逆再生(リバース)させる方法

Logic Pro Xで波形を逆再生(リバース)させる方法

DTMやってると波形を逆再生させて別物の素材として使いたいタイミングってよくあると思います。リバースシンバルとか。

Logic Pro Xで逆再生させる方法が、いつからかやり方が変わってチェックボックスにチェックを入れるだけの簡単操作になってましたのでご紹介します。

Logic Pro Xで波形を逆再生させる

まずは逆再生させる素材を用意しましょう。タダオトにはシンバルなどの単発素材も用意されてますので、今回はこちらを使います。

Logicのオーディオトラックにファイルをインポートしたら、左上にある「i」ボタンを押し、「詳細」の中にある「逆再生」にチェックを入れます。

たったこれだけの操作でこんな波形のシンバルのデータが、

逆再生された「リバースシンバル」に変化します。

最後に

非破壊編集なのが嬉しいですね。

こうやって作ったリバースシンバルをApple Loopsにするのも良いと思います。

Logicで作った素材をApple Loopsファイルに変換する方法 | delaymania
続きを読む
キーワード
Macアプリ