Kensingtonのワイヤレストラックボールが操作しやすくていい感じ!

Kensingtonのワイヤレストラックボールが操作しやすくていい感じ!

10年以上Kensingtonのトラックボールを愛用していまして、最近調子が悪くなって来たため新しいものを購入しました。

この度購入したのはワイヤレストラックボールです。Bluetoothで簡単に接続できて、使い勝手もめちゃめちゃ良くて満足してます。

Kensingtonのワイヤレストラックボール

僕が今回買ったトラックボールはこちら。Kensingtonのワイヤレストラックボールです。

ワイヤレストラックボール本体の他にパームレストと単三電池2本が付いて来ます。

写真を見ていただいた通り本体は左右対称なので、左利きの人でも使えます。

ボールを転がすことでカーソルを移動させて、ボールの周りのリング部分で画面をスクロールさせることができます。

初期設定では左下が左クリック、右下が右クリックです。専用のソフトを公式サイトからダウンロードすることでボタンの割り当ても変更できます。

指の動きをダイレクトに伝えてる感じがしていいんですよね。ボールを指で転がす操作ではあるんですが、トラックパッドと同じように「画面をなぞる」操作を代用しているイメージです。

ちなみに、Macのトラックパッドもめちゃめちゃ好きで、トラックパッドと併用してます。トラックパッドでは指が擦れるのが気になって長時間の作業がしんどいんですよ。そのためフォトショなどの細かい作業はトラックボールを使うようにしてます。

これまでのトラックボール経歴

DTMを始めたばかりの頃、雑誌を見ると多くのレコーディングエンジニアさんがKensingtonのトラックボールを使ってまして、その影響をモロに受けて使い始めたのが2003年頃だったと思います。

その頃からマウスを使ったことはほぼなく、トラックボール一筋で使ってきました。

マウスを使ってた頃と比べて手首が楽なんですよね。マウスを持ち上げる動作って毎日長時間続けていると疲れるんですよ。トラックボールは持ち上げる動作がありませんから、腕の負担がかなり軽いです。

僕が最初に買ったトラックボールがこちら。上部の6個のボタンに音楽制作ソフト「Logic」の機能を割り当てて使ってました。

そして次に買ったのがこちらのモデル。こちらが最近まで使ってたもので、これと同じものを2台使いました。

今回買ったワイヤレスのトラックボールはワイヤレスであること以外これまで使ってたトラックボールと形状が同じなので、操作感が変わらないところが気に入ってます。

リストレストも購入

ワイヤレストラックボールにはパームレストという腕が疲れないようにするパーツも付いて来るんですが、こちらの「リストレスト」を購入しました。

パームレストは硬い質感なんですが、リストレストはプニプニしていて、長時間の作業でも腕が疲れにくくて気に入ってます。

純正のパームレストでも十分腕の負荷は軽減されますので、もしリストレストを買われる方はまずパームレストを試してみた方がいいと思います。好みの問題ですので。

最後に

ワイヤレスにしたことでUSBポートが1つ空くのが助かりますね。

トラックボールはKensington以外のメーカーも多数出してますが、個人的にはKensingtonはかなりおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

キーワード
ガジェット