WordPressのショートコードをテンプレートファイルで使う方法

WordPressのショートコードをテンプレートファイルで使う方法

WordPressでは主に記事投稿画面などで使用する「ショートコード」という便利なものがあります。

このショートコードをテンプレートファイル内で使いたい場合がたまにありますので、その方法をご紹介します。

WordPressのショートコードをテンプレートファイルで使うためには

テンプレートファイル内に下記のソースコードを記述します。

<?php echo do_shortcode('[shortcode]'); ?>

上記の「shortcode」という単語は、お使いのショートコードに差し替えてください。

たったこれだけの作業でテンプレートファイルの中でもショートコードを書くことができます。

ウィジェット内に書く場合

ウィジェットの中で使いたいというニーズもあるかもしれませんね。

下記の記述をfunctions.phpに追記するだけでウィジェットの中でショートコードが使えるようになります。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

こちらも簡単。これを記述しておくだけで、ウィジェット内にショートコードを書いても展開されるようになります。

最後に

僕がこれを使いたいと思ったのはContact Form 7というプラグインのお問い合わせフォームをテンプレートファイルに設置したいと思ったときです。

Contact Form 7は発行されたショートコードを置くとそこにメールフォームが展開されるようになってるんですよ。

おそらく結構いろんなところで使える技だと思うので、頭の片隅にでも入れておいてください。

キーワード
WordPress