WordPressで特定の記事や固定ページにパスワードをかける方法

WordPressで特定の記事や固定ページにパスワードをかける方法

WordPressでは投稿する記事や固定ページにパスワードをかけられるんですね。それ自体も最近まで必要なシーンがなかったため使ったことがなかったんですが、パスワードをかけたページのカスタマイズもできるそうで。

というわけで、特定のページにパスワードをかける方法と、パスワードをかけたページの文章をカスタマイズする方法をご紹介します。

投稿ページや固定ページをパスワード保護する

投稿ページや固定ページをパスワード保護するためには、パスワードをかけたい投稿・固定ページを開いて、公開設定を変更するだけです。

▼公開の項目内にある「公開状態」の右側にある「編集」をクリックします。
wordpress-password-page-01

▼すると「パスワード保護」という項目がありますのでラジオボタンにチェックを入れます。
wordpress-password-page-02

▼パスワード入力画面欄が出ます。こちらに任意のパスワードを入れましょう。
wordpress-password-page-03

これでページを公開すれば、そのページにアクセスするとパスワード入力を求められますので特定の人だけに見せることができます。

テキストのカスタマイズ

パスワード保護されたページを開くと保護されたページである旨が表示されてますが、そこのテキストを変更したい場合は下記の方法で調整可能です。

これから紹介する方法は、こちらの記事を参照したものです。

下記のソースコードをfunctions.phpに追記してください。

「保護中:」のテキストを消す

add_filter('protected_title_format', 'remove_protected');
  function remove_protected($title) {
  return '%s';
}

タイトル先頭に「保護中:」というテキストが付いてしまうのをこちらのコードで消すことができます。

注意書きを変更する

function my_password_form() {
  return
    '<p>表示させたいテキストをここに入れます<p>
    <form class="post_password" action="' . home_url() . '/wp-login.php?action=postpass" method="post">
      <input name="post_password" type="password" size="24">
      <input type="submit" name="Submit" value="' . esc_attr__("送信") . '">
    </form>';
}
add_filter('the_password_form', 'my_password_form');

こちらを追記するとパスワード入力欄に添えるテキストを差し替えることができます。

最後に

パスワードをかけて特定の人だけに見れるようにするケースって結構需要がある気がするんですよね。

気になった方はぜひお試しください。

キーワード
WordPress