岐阜にある「馬喰一代」の飛騨牛がうますぎる!赤身ランチなのにめちゃめちゃ霜降ってた!

岐阜にある「馬喰一代」の飛騨牛がうますぎる!赤身ランチなのにめちゃめちゃ霜降ってた!

先日岐阜に行ったときに「馬喰一代」という焼肉屋へランチに連れて行っていただきました。

ランチタイムということもありいろんな種類を食べた訳ではありませんが、とにかく飛騨牛がうますぎてやばかったです。

うますぎる飛騨牛

大学時代の親友が岐阜に住んでまして、7,8年前に連れて行ってもらったのが「馬喰一代」というお店で、飛騨牛のあまりのうまさに言葉を失ったんですよ。

そのときのうまさが忘れられず馬喰一代にもう一度行きたい旨を伝えたところ、この度「県庁東馬喰一代」という店舗に連れて行っていただきました。

店名 飛騨牛一頭家 馬喰一代 県庁東 (ヒダギュウイットウヤ バクロイチダイ)
住所 岐阜県岐阜市宇佐南3-3-17 2F
電話 050-5571-9426
営業時間 【月~金】
ランチ 11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)
【土日祝】
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 年中無休
タバコ 全面喫煙可(ランチタイムは全面禁煙)
座席数 100席
支払い方法 カード可
予約 予約可
関連リンク 飛騨牛一頭家 馬喰一代 県庁東 (ヒダギュウイットウヤ バクロイチダイ) – 西岐阜/焼肉 [食べログ]

▼ランチメニューはこんな感じです。
馬喰一代のランチメニュー01
馬喰一代のランチメニュー02

僕が「赤身網焼きランチ」、うちの嫁が「ドライエイジング牛タン」、連れてきてくれた友人は「ドライエイジングビーフ」をチョイス。

▼ランチのサラダというかバーニャカウダみたいな感じ。味噌を付けて食べます。
馬喰一代のランチのサラダ

▼そして豆腐。タレを付けていただきます。
馬喰一代のランチの豆腐

この時点でどちらもうまくて、肉への期待が膨らみます。

▼肉のタレは左から刻みわさび・レモン・タレ。
馬喰一代のランチのタレ

▼僕が注文した赤身網焼きランチ。部位は日によって違うのか分からないですけども、ランプ肉が出てきました。
馬喰一代のランチのランプ肉

▼こちらがドライエイジングビーフ。60日間熟成されてます。
馬喰一代のランチのドライエイジングビーフ

▼これはうちの嫁が注文したタンをドライエイジングしたもの。
馬喰一代のランチのドライエイジングタン

ちなみに肉の量はどれも150gと多い方をチョイスしました。

▼焼き野菜もついてきます。ドライエイジングビーフを注文するとたっぷりの焼き野菜が付きます。網焼きランチではもっと少なかったです。
馬喰一代のランチの焼き野菜

▼肉を焼いて行きます。
馬喰一代のランチの焼肉を焼き始めたところ
馬喰一代のランチの焼肉を焼いてるところ

▼こちらはランプ。飛騨牛がうますぎて言葉を失いましたよ…。しゃべったらうまみが逃げちゃうんじゃないかって口を閉じたくなるくらい。
馬喰一代のランチの焼肉を食べるところ

ランプ肉がとにかくうまかったです。「赤身網焼きランチ」なのにサシが十分に入っていてジューシーでした。

そして今回学んだことは、ドライエイジングビーフはチーズが苦手な僕には向かなかったということです…。発酵した感じが苦手で、ランプ肉の方がおいしくいただけました。

これはドライエイジングビーフが悪いのではなくて単純に僕の好みの問題ですけどね。

▼最後にデザート。ソフトクリームの下にプリンが入ってて、最後の最後までめちゃめちゃうまかったです。
馬喰一代のランチのデザート

最後に

お腹いっぱいいただきまして大満足でした。

とにかく馬喰一代はとんでもなくうまいので、ぜひ岐阜に行く際は足を運んでみてください。

ちなみに銀座にもあるみたいです。

キーワード
ご飯