SMART USENとAWAやApple Musicなどの聴き放題サービスを比較してみた!

SMART USENとAWAやApple Musicなどの聴き放題サービスを比較してみた!

先日「U-mobile」の格安SIMをお借りして体験レビューしまして、SIMカードとしてかなり良くて乗り換えも視野に入れてます。

で、そのSIMカードにセットで付いてくる音楽聴き放題サービス「SMART USEN」ですが、なかなか面白いサービスだったので、音楽聴き放題サービスのAWA, LINE MUSIC, Google Play Music, Apple Musicと比較してみました。

SMART USENの特徴

SMART USENは音楽配信大手の「USEN」が提供する定額制音楽聴き放題サービスで、1000以上のチャンネル数から好みのチャンネルを選んで24時間365日いつでもどこでも音楽を聴くことが楽しめます。

料金が他のサービスと比べて安価で、月額490円で配信されているすべての音楽が聴き放題です。

店舗のBGMなどで使われているUSENよりも配信されている楽曲数は少ないですが、他社サービスと比較して遜色ない楽曲数を取り揃えてます。

音楽以外のコンテンツも充実しており、語学学習に活用できるようなチャンネルや、トーク番組といったエンタメ要素の強いチャンネルもあります。

実際に使ってみてかなり面白いサービスだなと思ってまして、チャンネルをつらつら眺めてるだけ結構興味のあるものがあるんですよね。

では、僕が気になったところを順番に詳しくご紹介していきます。

料金を比較するとSMART USENが最安値

まずは料金一覧をご覧ください。

サービス名 料金(月額)
SMART USEN 490円
AWA 1,080円
LINE MUSIC 1,000円
Apple Music 980円
Google Play Music 980円

SMART USENは月額490円と最安値です。LINE MUSICでは利用時間の制限付きプランが月額500円であるんですが、それよりさらに安いんですね。

また、僕が借りたUSEN MUSIC SIMというSIMカード付のプランであれば基本料金の料金内でSMART USENを使うことができるので、サービス単体で契約するよりもお得です。

楽曲数は他のサービスとさほど変わらず

店舗のBGMで使われているUSENはテレビやラジオと同じ「放送」、SMART USENは「楽曲配信」という括りになるそうです。

この違いが大きくて、これによって例えば「店舗でUSEN流れてるのを聴いてジャニーズの楽曲があったのに、SMART USENにはない」という現象が起こるようなんですね。

楽曲を配信するか否かは楽曲の権利を持ってる方がどうするかによるものなので、ここに関してはどうしょうもないそうです。

逆に言えば、「このサービスでは聴けるけどあっちのサービスでは聴けない」ということはあまり多くないようですので(時間が経てばより平均化されていくそうです)、SMART USENの楽曲数は他のサービスと大差ないとのこと。

楽曲単位で聴くかチャンネル単位で聴くかの違い

使ってみて思ったのは、1000チャンネルもあるのでいくつか好みドンピシャのチャンネルが出てくるんですよね。僕であれば「最新J-ROCK」とか「最新インディーズ」とか「Electric Dance Music」とか「特撮ヒーローソング~ライダー~」あたりはずっと流していられるなと思いました。

▼例えば「特撮ヒーローソング~ライダー~」チャンネルはこんな感じ。
smapho-de-usen-01

いろんなチャンネルを聴いてみて、たまたま聴いたアーティストの楽曲をずっと聴きたくなったらアーティストのチャンネルを探してもいいですし、そのタイミングでGoogle Play Musicなどに切り替えてアーティスト括りで聴いてもいいと思います。

▼アーティストごとのチャンネルも結構充実してます。
smapho-de-usen-02

また、他のサービスでもプレイリストという仕組みがありますからUSENのチャンネルじゃなくてもいいじゃんっていう方もいらっしゃると思います。ただ、毎日違ったプレイリストを作ったり探したりするのはかなり手間ですよね。お気に入りの曲だけをヘビロテしたい人はプレイリストでいいと思いますが、お気に入りのジャンルの中でいろんな組み合わせで楽曲を楽しみたい人にはSMART USENは向いてると思います。

あと、SMART USENが決定的に違うのは「楽曲をスキップできない」こと。このスタンスはUSENと変わらず、テレビのようにその時間に流れる曲はUSEN側が決めていて、それをリスナーが聴くということなんですね。

なので聴きたい楽曲が明確に浮かんでる人であればGoogle Play Musicなどを使って楽曲名やアーティスト名で検索して聴く方が向いてると思います。

逆にずっとなにかしらの音楽を垂れ流しておきたいのであればチャンネル数が膨大なSMART USENはかなり良いです。

音楽以外にもトーク番組や語学などもある

音楽以外のコンテンツが充実してるのもSMART USENの特徴の1つ。語学学習に活用したり、トーク番組を楽しむこともできます。

他のサービスは「音楽」に特化してますから、こういったサブカテゴリ的なチャンネルが気に入る方であればSMART USEN一択なんじゃないですかね。

最後に

他のサービスと比較すると尖ってるサービスなので、ハマる人はハマると思います。個人的にはかなり気に入りました。

僕はGoogle Play Musicメインで使い続けますが、うまく共存できそうなサービスだと思うんですよね。

またU-mobileのSIMカードがかなりいい感じなので、USEN MUSIC SIMのプランで契約するとSMART USENは実質無料で使えますし、乗り換えを検討してる方は候補に加えてもいいんじゃないでしょうか。



キーワード
WEBサービス