エフェクターのつまみがうっかり変わらないBeatwalkの「ノブ」が革命的すぎてすごい

エフェクターのつまみがうっかり変わらないBeatwalkの「ノブ」が革命的すぎてすごい

ギターかベースをやってる人であれば誰もが「気づいたらエフェクターのつまみが別の方向に向いてた!」という事故にあったことがあるはずです。

リハーサルでばっちり合わせたつまみが本番で違った向きに変わってるのは嫌なので、つまみの位置が変わらないようにガムテやビニテで固定させるという対策をとったりしますよね。

Beatwalkという会社が開発した革命的なノブに付け替えれば、もうそんな心配はいりません。実際に使ってみたらすごすぎました。

このノブでうっかりつまみの位置が変わることがなくなる

友人の紹介で購入したのがこちらのノブです。名前もそのまま「ノブ」。

▼届いたのがこちらの商品。
Beatwalkのノブ

▼サイトで「Fulltoneのエフェクターならサイズ的に大丈夫」って書いてあったのでFulltone OCDのノブを付け替えてみます。
Fulltone OCD

余談ですが、個人的にOCDはギタリストなら1台持っておきたい歪みだと思ってます。単品でクランチとして使ってもいいし、ブースターとしても優秀です。ガッツリ歪ませた音も音楽のジャンルによってはものすごいハマると思います。

そんな大好きなOCDもつまみが変わりやすいエフェクターで、うちのボーカル森そうたがまさにビニテでガッチリ固定させて使ってます。

ガムテやビニテで固定するときの欠点は、つまみを変えたいときにめんどくさいこと。つまみが変わらないように固定させてるわけで簡単に変わってしまっては困るわけですが、変えたいときもあるのでそのジレンマがハンパない訳です。

あとビニテにホコリがどんどんついていって汚くなるのも個人的には嫌です。触りたくなくなるんですよね。

というわけで、ノブを付け替えちゃいましょう。

ノブを付け替える

ではOCDのつまみを付け替えていきます。

▼OCDのつまみを小さなマイナスドライバーで外します。
Fulltone OCDのつまみを外す作業

▼つまみを外したところ。こういうタイプであれば付けられます。太さがある程度必要なんですよね。なのでBOSS製品は付けられないそうです。
Fulltone OCDのつまみを外したところ

▼すべて外したら「ノブ」を取りつけていきます。位置を合わせたら1.5mmの細いレンチで締めるだけ。
ノブをレンチでしめる作業

▼ノブを取り付けたところ。この状態で回してもノブの外側が回るだけでつまみの位置は変わりません。
ノブを回してもつまみが変わらない状態

▼つまみを回すときは上に引き上げて回します。
ノブを引っ張ってまわすことでつまみが回る

▼動画で見ると分かりやすいと思います。

今回紹介した写真と動画でこのノブがいかに革命的な発明かか伝わりますかね。リハーサル時にしっかりと音作りできれば、本番は演奏に集中するだけです。

さすがに雑に扱えば変わっちゃう可能性はありますけどね、でもだいぶ安心ですよ。

見た目もカッコ良いですし、かなり気に入りました。

T-REXのDr.swampという僕の大好きな歪みエフェクターのつまみゆるゆるなので、今度はこっちのエフェクターに付けてみようと思います。

最後に

価格も比較的安価ですのでぜひお試しください。

購入したい方は下記のリンクよりどうぞ!

キーワード
音楽