ひかりTVが4Kを推してるのを見て4Kが当たり前の時代がすぐそこまで来てると思った話【PR】

ひかりTVが4Kを推してるのを見て4Kが当たり前の時代がすぐそこまで来てると思った話【PR】

おそらく「4K」という言葉を聞いたら「キレイな映像」であると認識するくらいには知られてるとは思いますが、「4Kのテレビ持ってる友達何人いますか?」質問してもみんなが口をそろえて「数人」っていうくらいの普及率だと認識してます。

僕自身も映像を撮ったりするので興味はありつつもまだ手を出してないところですが、ひかりTVを運営するNTTぷららのイベントに参加してみて、もしかしたら4Kが当たり前の時代がもう目の前まで来てるのかなと感じました。

「ハートで感じたら走り出せ!」出版パーティー

友人の染谷さんにお招きいただきまして、NTTぷららの板東浩二さんの著書「ハートで感じたら走り出せ!」出版パーティーに参加してきました。

坂東社長の講演(というかご挨拶)にはしびれましたね。累積損失37億円の会社をここまで持ち上げるほどの方がおっしゃることなので説得力がハンパないです。

僕らも意識をちょっと変えればすぐにでもできるような、でも普段全然出来てないことなので気が引き締まるような、そんなメッセージがたっぷりでした。

坂東社長の熱い想いがこちらの本にたくさん書かれてますので、興味ある方はぜひチェックしてみてください。

いまNTTぷららが最も力を入れてる事業が「ひかりTV」であり、このイベントでもひかりTVに関わる様々な方とお話しさせていただきました。

▼イベントの様子をちらっと。坂東社長が各テーブルを回ってご挨拶されてまして、僕も名刺交換させていただきました。
hikari-tv-4k-01

▼坂東社長とブロガー仲間たちみんなで記念撮影。
hikari-tv-4k-02

▼ひかりTVマスコットキャラクターの「ひかりカエサル」と2ショットで撮らせてもらいました。
hikari-tv-4k-03

ひかりカエサル、動きも可愛いんですよね。

素人が4Kで手軽に撮影できちゃう

イベント会場では何人かの社員さんがGoProで撮影してました。アクションカメラでおなじみのGoPro HERO 4は4Kで撮れるんですよ。

価格を見てもらえば分かるんですけど、素人でも十分手が出る価格帯。こんなに安いカメラですがプロの現場でも使われてると聞きますし、テレビでタレントさんがジェットコースター乗るときなど頭につけてるカメラはGoProなんですよね。

YouTubeなどで素人が映像を発信していけるようになって、そこでも4Kが当たり前になっていくのかなと。

去年の頭に僕もビデオカメラ買ったんですが、そのときは4Kで撮影できるコンシューマー向けのカメラがようやく出てきた頃だったので候補にすら上がらなかったんですよ。でも、もし今ビデオカメラを買うとするなら4K対応のカメラがちらつくと思うんですよね。

たったの1年でこんな具合ですから、もうホントに目の前まで4K当たり前の時代が来てる感じがします。

もう間もなく4Kテレビが一般家庭でも当たり前になるくらい普及しそうな勢い

当然撮る側じゃなくて見る側視点でも同じで、ちょっと前まで高い印象だった4Kテレビもだいぶ安くなってます。

Amazonでちゃちゃっと調べたらこんなに安くなってるんですよ。

地デジへの完全移行がでした。もう間もなく丸4年になるのでそろそろテレビを買い替える人も出てきますよね。そう考えると僕も次買うテレビは当たり前のように4Kを選ぶことになりそうです。

そうなればひかりTVは4Kテレビ用に番組を配信してますので、お世話になることがあるかもしれませんね。

僕はさまぁ~ず好きなので、「内村さまぁ~ず」あたりをひかりTVで見るかもしれません。(いまは契約してませんが。)

最後に

友人のブロガーがたくさんこのイベントに参加していて、みなさんイベントレポート記事を書いてます。

みんな違った視点での記事ですので、こちらもあわせてご覧ください。

キーワード
イベント