現金派の僕がクレジットカードをもっとうまく使いたいと思って考えたこと [PR]

現金派の僕がクレジットカードをもっとうまく使いたいと思って考えたこと [PR]

僕はクレジットカードより現金派です。クレジットカードだとお金が減らないイメージがあって使いすぎてしまって。

そうは言ってもクレジットカードの利用シーンがどんどん増えてますので、クレジットカードについて調べたことと、お金を管理するサービスについて調べたことをつらつら書いてみます。

なぜクレジットカードだとお金を使いすぎてしまうのか

僕がクレジットカードでお金を使いすぎてしまう原因は明確で、使った額も残高も把握してないからです。

現金であれば財布の中のお金を数えればいくら残ってるのかすぐに分かりますし、お金を下したときの控えを財布に入れておけば口座の残高も把握できます。

クレジットカードは何も考えずに使っているといくら使ったか全然分からなくて、引き落としのタイミングで「こんなに何に使ったっけ?」となりがちです。

そんなこんなで現金の方が安心しちゃって、ネットの買い物以外ではクレジットカードって全然使えないんですよね。

クレジットカードのメリットとは?

そもそもクレジットカードにはどんな得なことがあるのかがよく分かってなかったので調べてみました。

クレカアカデミーというサイトで詳しく書かれてました。

こちらにいろいろメリットが書かれてますね。公共料金支払いにもポイントが付くとか。これは確かにすぐにでも実践したいなと思いますね。

ただ、やっぱり「あとお金をどれくらい使えるのか」が分かってないと不安でしょうがないので、いくらクレジットカードのうまみがあっても使うのを控えちゃう姿勢は変わらないなと。

あと電子マネーも同じで、いくらお得って言われても全然ピンと来ない訳です。使いすぎて損をするイメージが先行しちゃうので。

この記事見た感じ、やっぱりうまく活用できれば得だと思いますし、日々の生活が楽になるような気はするんですよね。EdyもFeliCaもnanacoも使ったことないですけど、便利そうな雰囲気は感じてるので。

というわけで、これらのお得さを生かせるような自分になりたいと思い、お金を管理する方法自体を考え直すことにしました。

マネーフォワードで利用履歴も残高も見えるようにする

お金の管理をするために、iPhoneの家計簿アプリをいろいろ使ってみたんですがしっくりこなくて。

で、いろいろ調べるうちにマネーフォワードというサービスに行きつきました。

マネーフォワードについてはjMatsuzakiの記事を参照してください。

これを使っておけば、「自分の資産がいくら残っているのか」「カードでいくら使ったのか」がパソコンでもスマホでもすぐに見れるため、財布の中身を確認するのと変わらなるんじゃないかなと。

クレジットカードの利用履歴を使ったそばからガンガン記入されていくのがありがたいですね。

銀行口座の管理もばっちりで、口座から下したら口座の金額が減って財布という項目が増えるっていうのも分かりやすくていいです。

レシートを撮影するだけで家計簿入力できる機能もあるそうですし、現金での買い物の記録も楽にできそうです。

あと、Amazonで買い物するとそれがそのまま記録される機能もかなり便利だなと思いました。経費で買うものと個人的に買うものをカードを分けてるのでそれの使い分けはどうしたらいいのか分からないですけども。

いまはまだ触り始めたばかりなので、まずは一通りの情報を入れてみてしばらく使ってみようと思います。

逆に現金のメリットは?

個人的に最も現金にメリットを感じてるのは、友人とのお金のやり取りをその場で出来ることですかね。

バンドでスタジオリハーサルに入る際、スタジオ代は割り勘してます。このお金のやり取りをする際に小銭が必要なんですよね。

全員がLINE Pay使ってれば割り勘できるんですけど、それを強要する訳にもいかないですし、「今回は誰が出しておく」みたいなことをするのも誰がいつ出したか分からなくなるため難しいです。

あとは、まだまだクレジットカード払いできる店だらけじゃないっていうところですかね。近所の定食屋とかは現金でしか払えませんから。これはメリットって言うかあきらめるしかないことなんですけども。

最後に

お金の管理さえできればクレジットカードを使った方が楽だと思っているので、これからもっと便利に使えるように環境も意識も整えたいと思います。

当面はマネーフォワードの環境構築ですね。三菱東京UFJダイレクトの使い方の時点でつまずいたので、銀行にも相談に行かないといけないかもしれません。

この機会に口座やカード自体の見直しも必要なのかもしれないですね。

キーワード
生活