ファミコンのアダプタのような形状のケーブルをねじれさせずに巻く方法

ファミコンのアダプタのような形状のケーブルをねじれさせずに巻く方法

ファミコンのアダプタのような頭がでかい電源ケーブルって、その頭の部分にケーブル巻いて保管したりしますよね。

エフェクターのアダプタなどがその形状のものが多く、巻きつけて持ち運んだりしてます。

このケーブルを何も考えずに巻いているとねじれがものすごいことになったりしますが、それの解決法を友人に教えてもらったのでご紹介します。

アダプタのケーブルをねじれさせない方法

ファミコンのアダプタのような形状のものを巻くときどうやってますか?適当に巻いてます?

根元に負担がかからないように余裕を持たせて巻くことはみなさんよくやってると思います。

根元から断線するのはそれでだいたい防げるのですが、ケーブルのねじれに関してはたまにねじりを直すくらいしかしてなくて。

これの解決法を友人が教えてくれまして、その方法はたまに逆方向に巻くだけです。

▼普段はこっち方向に巻いてるのを、
adapter-cable-howto-01

▼次巻くときはこっち向きに巻く。
adapter-cable-howto-02

こんな具合に逆方向に巻いてあげるだけでねじれずに済みます。

理想的なのは毎回交互に巻くことですが、自分の癖もありますしつい一方向にばっかり巻いちゃいますよね。そしたら逆方向に何度か巻いてあげるだけでも結構戻ります。

これはドライヤーなどにも使えますし、この手のねじれやすいケーブルではなんにでも当てはまります。

最後に

ちょっとしたことですが、物を大事に使うためのTipsでした。

アダプタのケーブルがねじれて困ってるという方のお役に立てたら幸いです。

ケーブルの巻き方に関してはこんな記事もあります。

キーワード
日常