iPhoneの調子が悪いときはiPhoneを再起動しよう!

iPhoneの調子が悪いときはiPhoneを再起動しよう!

iPhoneでやけにアプリが落ちるなっていうとき、アプリのせいじゃなくてiPhoneが不調で起こってる場合もあります。

アプリが原因ならマルチタスキングでアプリを終了させればいいのですが、iPhoneの再起動をしないとどうにもならないことも。

というわけで、iPhoneが調子悪いときにとるべき行動を順を追ってご紹介します。

iPhoneの動作がやけに重いときになにをすべきか

アプリを購入して起動したもののすぐ落ちたとき、レビューに「すぐ落ちる。クソアプリ。」と書く前に試してもらいたいことがあります。

iPhone側の不調で落ちてるとしたら、これから紹介する方法で解決できるかもしれません。

※レビューにそういうこと書いても絶対良くならないですけどね。この話すると脇道に逸れた上に話が長くなるのでまた別の機会に。

では、iPhoneが調子悪いときに試してほしい3ステップをご紹介します。

①マルチタスキングでアプリを終了させる

マルチタスキングを発動させるためには、ホームボタンを素早く2回押します。

そして、上にスワイプしてアプリを終了させます。

ついでにバックグラウンドで動く系のアプリや位置情報を使うアプリなどを中心にいくつか終わらせるといいと思います。

すべてを終了させる必要はないのでほどほどに。

この操作だけで無事使えるようになることも多いです。

②iPhoneの電源を落として再起動する

冒頭で紹介したとおり、マルチタスキングでアプリを終了させるだけではどうにもならないことがありますので、ここで再起動です。

本体右上にある電源オンオフボタンを長押しし、画面に出てきたアイコンを右側へスワイプすることで電源を切ることができます。

画面が消えてしばらくしたら再度本体右上にある電源オンオフボタンを押しっぱなしにします。これで再起動完了です。

③強制リセット

上記の操作でどうにもならなかったときや、急に画面が固まったり真っ暗になって操作不能になったときの最終手段として「強制リセット」があります。

本体右上の電源オンオフボタンと、画面の下にあるホームボタンを同時に長押しします。Appleマークが出るまで押し続けてください。

Appleマークが出たら再起動されます。これで強制リセット完了です。

最後に

SoftBankのサポートではこれに加えてSIMカードの挿し直しも紹介されてますね。

個人的には今回紹介した3ステップでいいんじゃないかと思ってます。

これでも調子が悪い場合はGenius Barへ行きましょう。

キーワード
iPhone