個人が制作物を販売できてSNS要素もある「note」というサービスで楽曲をアップしてみました

個人が制作物を販売できてSNS要素もある「note」というサービスで楽曲をアップしてみました

note」という、イラストや音楽などの制作物を販売できるクリエイター向けのサービスが始まったので早速登録してみました。

SNSの要素もあるので、クリエイターとユーザーをつなぐ側面もあってなかなか面白そうです。

個人が気軽に販売できる

イメージとしてはGumroadにSNSがくっついた感じです。

音楽や画像だけじゃなくてテキストが販売できるのは一つの売りかもしれないですね。

noteでできることはこちらの通りです。

トークノート:フォロワーたちと楽しく会話をするためのノートです。短文テキストと画像が投稿できます。
イメージノート:写真やイラストを手軽に投稿するためのノートです。無料で公開するだけでなく、販売も可能です。
テキストノート:これ以上なくかんたんに使用できるエディタを使って、美しい記事を作成できます。ブログとして無料でお使いいただくことも、記事を販売することも可能です。
サウンドノート:オリジナルの音楽を、手軽に多くの人に公開できるノートです。無料で公開することも、販売することも可能です。
ムービーノート:動画を投稿するために使います。YouTubeやVimeoなどと手軽に連携できます。(動画の販売機能は現在のところ準備中です)

piece of cake » 個人向けの新メディアプラットフォーム note(ノート)を 2014年4月7日(月)に正式リリースいたします!

無料で公開することもできますし、販売することも購入することもできます。

価格は100円~10,000円の範囲内で設定可能で、売上金額から決済手数料(売り上げの5%)を引いた額の10%が差し引かれて、残りが取り分です。

売る側としては、楽曲を販売するのにiTunes Storeよりもめんどうな手続きはいらないし手軽で良さそうです。

買う側があまり手軽じゃないですけど、これからいろいろな決済方法が出てくるとのことなのでいい感じに進化していってほしいですね。

テキストノートを使えばブログのように使うこともできてそれが販売できるので、メルマガ的な使い方もできそうですね。

途中までを無料公開して続きを見たければ(聴きたければ)購入しないといけない、ということもできるみたいです。4コマ漫画の3コマ目まで無料でオチが有料とか、楽曲の1コーラス無料でフルコーラス有料とか。どこまで細かく設定できるのか分かりませんが。

試しに販売してみた

試しに楽曲と写真をアップして価格を付けてみました。

▼ドラッグアンドドロップで簡単に投稿できます。
note-mu-02

▼こんな感じで表示されます。現時点ではアートワークは登録できないみたいです。
note-mu-03

駆け抜けろ!Evernoteマン!

Evernoteマンのテーマソングです。ミックスとマスタリングとサビの女性コーラス以外すべて僕がやりました。歌ってますし弾いてます。

視聴もできますので下記のリンククリックして一回聴いてみてください。

煌めく時

Vast Big Valley時代の代表曲「煌めく時」です。2003年の作品。歌はボーカル小山傑。作詞作曲編曲楽器演奏コーラスプログラミングミックスマスタリングまで全部僕です。

QX-10の写真

なんかいい感じの写真がDropboxに眠ってたので試しに販売開始してみました。

アプリダウンロードボタン

アプリダウンロードボタン作りました。色は適当でしたけども、ご要望があれば別の色も作ってアップしますのでお気軽にどうぞ。

最後に

登録はFacebookかTwitterのアカウントと紐付けるだけの超簡単登録方式なので、売る側の人も買う側の人もひとまずアカウントだけ確保しておくといいかと思います。

気づいたらGumroadも日本語化してたし、こっちのサービスが今後どうなるか次第ではGumroadで十分な気もしてますが、今後の進化に期待してます。

キーワード
WEBサービス