OneClickCSSがヤバい!HTML放り込むだけでCSSのid,class名や子孫セレクタを生成してくれる!

OneClickCSSがヤバい!HTML放り込むだけでCSSのid,class名や子孫セレクタを生成してくれる!

いざ取り掛かろうとしたときのハードルが下がるような、めんどうな作業が一つ減るとしたらどうですか?僕は大歓迎です。

OneClickCSSはWEBサイトを作るときのどうにもめんどうな「あの作業」を1クリックで解消してくれます。

CSSにid名やclass名をちまちま打つ作業

WEBサイトを作る作業って、HTMLとCSSを行ったり来たりしてコードをちょいちょい書き足しながらちまちま作っていきますよね。

そのちまちました作業の中で、HTMLでidやclassの名前を決めてそれをコピペしてCSSのファイルにペーストして…、っていうのが結構めんどうです。

めんどうになるとどうなるかというと、Twitterやり始めたりYouTube見たり寝転がったりして、しまいには戻ってこれなかったりする訳ですよ。

そんなめんどうな作業をたったの1クリックで解消してくれるのが「OneClickCSS」です。

本家サイトによると

OneClickCSSはHTMLコードを元に、様々なStyleSheetを自動生成するサービスです。
id,class名CSS、子孫セレクタCSS、セレクタCSS、Less、Sacc、Scssを1クリックで生成します。

ということです。

OneClickCSSを試しに使ってみた

まず「OneClickCSS」に飛びます。

▼OneClickCSSに飛んだら左側の方にHTMLを入れます。
oneclickcss_02

▼適当にサイドバーっぽいソースを書いて放り込んでみました。お好みのボタンを押します。
oneclickcss_03

▼idはコメント付けてくれて、class名と子孫セレクタをがっつり拾ってくれました!
oneclickcss_04

ここまでやってくれたらあとはガリガリ書くだけですね!

最後に

これは仕事捗りますよ。マジで超ヤバいです。

めんどうな作業が省けて浮いた時間はTwitterやったりYouTube見たり寝転がったりします。

キーワード
WEBデザイン