胃カメラが苦手な僕でも苦痛なく胃カメラを受けられる方法

胃カメラが苦手な僕でも苦痛なく胃カメラを受けられる方法

昔から胃カメラが嫌で、そのせいで胃痛になるほどでした。

そんな僕も、いまでは抵抗なく胃カメラを受ける事ができます。

おそらく苦手な人は多いと思うので、苦痛なく受けられる素晴らしい方法をご紹介します!

苦痛なく胃カメラを受ける方法

生涯で初めての胃カメラをやったときは意識ある状態でした。検査時間はたったの5分間。でも、30分くらいに感じるほどの気持ち悪さでした。

先生から飲み込むの上手と言われたけど、それもそのはず。ネットで調べまくって、麻酔をよく効かせる方法や、リラックスして受ける方法を実践したためです。

コツは2つ。喉の麻酔は奥の方まで確実に行うこと。もう1つは、力まないこと。

あ、もう一つあった。うまい先生にお願いすること。これは運です(笑)

ただ、この方法は意識がはっきりしてるため、多少苦痛は緩和されるももの、結構しんどいです。喉の違和感は拭えないですからね。

さらに苦痛を緩和する「セデーション(意識下鎮静法)」

さて本題です。

胃カメラには大きく分けて2種類の方法があります。

先ほど紹介した、喉の麻酔のみかけて意識がある状態でやる場合。こちらのメリットは意識がある分、カメラの映像をディスプレイで見ながらリアルタイムに医師の説明を受けられます。

デメリットは、なんと言っても喉元の苦しさがあること。麻酔は緩和するためのものでしかなくて、喉元にいる感覚はどうしてものこります。加えて、胃の入口で強烈な嘔吐感があります。これはどうやっても避けられません。

そこで登場するもう一つの方法が「意識下鎮静法いしきかちんせいほう」。セデーションともいいます。

このクリニックでは喉の麻酔もなしです。眠くなる薬を注射するだけ。先生が胃カメラ持つよりまえに意識がなくなり、気づいたら休憩室にいるというくらい意識ないです。

まったく苦痛なしです。終わったあとの喉の痛みや違和感もまるでありません。1時間休憩し(その間にこのブログ書いた)、その後はふらふらするものの、食事も可能です。

終わったあと、無意識にメガネとiPhoneをとってもらうように伝えたらしく(←ここも意識曖昧)、気づいたらメガネしてiPhoneもってブログ書きつつマッサージチェアでマッサージしてます(笑)

胃カメラ苦手な方はセデーションがおすすめ

胃カメラが苦手で敬遠してる方は多いはず。でも、多くの病院やクリニックで、相談すればセデーションでやってくれます。

あくまで検査ですし、苦痛なく受けられるなら、年に1回は検査することをおすすめします。

これで胃カメラを受けることへのハードルが下がり、「胃カメラ嫌だなぁ」というストレスからは開放されますよ!

僕の胃カメラ遍歴

初めて受けたのが23のとき。胃カメラの名医ではありましたが、僕は飲み込むこともできずに断念。

次の機会が26のとき。あまりに胃痛が辛く受けざるを得なくなり、意識のある状態で初めて受けました。前述したとおり、飲み込むのはうまかったようで、おえっとなったのも一度きり。でも気持ちのいいものではなくて、もう二度とやりたくないと思いました。

その次は28くらいのとき。鼻から胃カメラためそうとしたら、鼻に疾患があり(←あとで耳鼻科で検査して知りました)全く奥に入っていかず…。

その日は断念して帰って、後日改めてセデーションでやりました。この日は喉の麻酔もやったし(実はこれが結構辛い…。)、意識はなかったからかなり楽ではありましたが、苦手意識は拭えなくて。

いまのクリニックに出会うまでは胃カメラはできるだけやりたくないと思いましたが、この先生は臨床経験も豊富で、60,000回を超える経験があるそうです。麻酔も独自で開発した負担の少ない、短時間で効くものだそうで、そういった点も安心です。

事実、胃カメラ苦手だった僕が当日まで意識することなく安心して受けられます。

ガン検診なら「おうちでドック」という選択肢も

ガンや生活習慣病の検査を苦痛なく行いたい場合は、「おうちでドック」がおすすめです。

食道ガンや大腸ガンも対象になってます。残念ながら胃ガンが対象外なので、結局はセデーションで胃カメラ受けるのがおすすめなんですけどね。

関連記事『自宅でできるガン・生活習慣病検査キット「おうちでドック」が手軽すぎてすごい!』のサムネイル画像
自宅でできるガン・生活習慣病検査キット「おうちでドック」が手軽すぎてすごい!
続きを読む

最後に

結論ですが、胃カメラの名医を探して、意識下鎮静法(セデーション)で受ける。これが胃カメラを苦痛なく受ける最終手段です。

もし胃カメラが苦手で気になってる方は、Twitterでご一報ください。人気のあるクリニックなので誰も彼も教えることはできませんが、お会いしたことがあるかたならDMで、お会いしたことない方でも本気で胃カメラ苦手な方にはお教えします。

【追記】初めてセデーションで胃カメラの検査をした2年後にも体験してます。こちらもよかったらぜひ読んでみてください。似たような内容ですが。

関連記事『胃カメラ嫌いの人はセデーション(意識下鎮静法)がおすすめ』のサムネイル画像
胃カメラ嫌いの人はセデーション(意識下鎮静法)がおすすめ
続きを読む

下記の記事では当日の何時に何をしてという、胃カメラ検査の前後についても細かく書きました。当日の動きなどに不安がある方はこちらを読むと少し安心するかもしれません。

関連記事『胃カメラが苦手な人のために!苦痛のない意識下鎮静法(セデーション)なら寝てる間に終わる』のサムネイル画像
胃カメラが苦手な人のために!苦痛のない意識下鎮静法(セデーション)なら寝てる間に終わる
続きを読む
キーワード
健康