iPhone 12の全4モデルの特徴と、どれを買ったら良いか個人的な見解

iPhone 12の全4モデルの特徴と、どれを買ったら良いか個人的な見解

2020年10月14日にiPhone 12が発表されました。特にiPhone 12 miniの登場で、以前のiPhone 5サイズのような小さい端末を待っていた人はかなり嬉しいんじゃないでしょうか。

iPhone 12の全体的な特徴と、発表された4つの機種の中からどれを選んだら良いのかという僕なりの見解についてまとめました。

iPhone 12のラインナップと違いについて

今回発表されたiPhone 12のラインナップは下記の通りです。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

大きく分けるとProかProじゃないかの2択で、その中で画面がでかいか小さいかという2択という具合に4つのモデルに分かれてます。

ディスプレイのサイズはiPhone 12 miniが最も小さく(5.4インチ)、iPhone 12とiPhone 12 Proが同じ大きさ(6.1インチ)、iPhone 12 Pro Maxが最も大きい(6.7インチ)です。

ストレージ容量

ストレージ容量について、iPhone 12の2機種は「64GB/128GB/256GB」、iPhone 12 Proの2機種は「128GB/256GB/512GB」となってます。

64GBだと流石に少ない印象ですが、128GBあればそこそこ満足できそうですし、写真を多めに撮る人に撮っては256GB程度は欲しくなると思うので、4機種のうちどれを選んだとしてもストレージ容量で不満が出ることはなさそうです。

価格

iPhone 12それぞれのモデルの価格は以下の通りです。(税別価格)

iPhone 12 mini

64GB : 74,800円
128GB : 79,800円
256GB : 90,800円

iPhone 12

64GB : 85,800円
128GB : 90,800円
256GB : 101,800円

iPhone 12 Pro

128GB : 106,800円
256GB : 117,800円
512GB : 139,800円

iPhone 12 Pro Max

128GB : 117,800円
256GB : 128,800円
512GB : 150,800円

レンズの数の違い

iPhone 12の2機種は「超広角/広角」の2つのレンズ、iPhone 12 Proの2機種は「超広角/広角/望遠」の3つのレンズを搭載。

iPhone 11の時と同様ですが、iPhone Xs以前の機種を使ってる方からするとアップデートされているポイントかと思います。

僕自身iPhone 11 Proを使ってきて、3つのレンズはどれも使い勝手が良いと感じてます。具体的な例を挙げると、お店の中を撮影する時に使う超広角、テーブル上のものに影を落とさずに撮影するために使う望遠はかなり便利です。

また、超広角・広角のどちらでもナイトモードが使えるようになったということで、暗い場所での撮影もより快適になりました。

iPhone 12の全モデルに共通する点

iPhone 12の全4モデルに共通する点はこちら。

  • 5G対応
  • iPhone 5のような角のあるデザインに
  • iPhone 11と比べてより薄く・小さく・軽くなった
  • 落下耐性・耐水性が強化
  • A14 Bionicで処理が高速に
  • ディスプレイがより美しくなった
  • カラーバリエーションが増えた
  • MagSafe対応
  • 充電器・イヤホンが同封されなくなった

ざっくり並べると上記のようなところですが、いくつかピックアップして解説しておきます。

5Gは普及待ちなのでまだ影響が少ない

端末側が5Gに対応したものの、まだ5Gの電波自体が普及してません。

まともに使えるようになるまでまだ数年かかると思いますので、5G対応端末だからとここで飛びつく必要はないと思ってます。

MagSafeについて

本体に磁石でピタッと張り付く「MagSafe」という仕組みが導入されました。これによってワイヤレス充電がやりやすくなりましたし、アクセサリーとしてMagSafeに対応したカード入れも公式で販売されるようです。

Macの充電器に使われていたMagSafeがiPhoneで復活したわけですね。

どのiPhoneを買うべきか

今回のiPhone 12のラインナップを見て、どのiPhoneを買うのが良いか選ぶポイントを僕なりにまとめてみました。

本体サイズを小さくしたいならiPhone 12 mini

とにかく本体サイズを小さくしたいのであればiPhone 12 mini一択です。

以前のiPhone 5サイズよりは大きめですが、最近のiPhoneの中では最も小さいサイズ感ですね。

超広角だけでなく望遠も使いたいならProの2機種

カメラのレンズ、そしてカメラ自体の性能を考えると、写真に重点をおきたい人はProのいずれかを選ぶのが良いです。

先ほども書きましたが、iPhone 11 Proを使ってきて、レンズ3つともかなり便利だと感じてます。シーンによって使い分けられるのは本当に便利ですよ。

カメラ性能を追求するならiPhone 12 Pro Max

iPhone 11 Proの時は11 Proも11 Pro Maxもカメラ性能に差がありませんでしたが、12 Proと12 Pro Maxではカメラ性能に差があります。

とにかく少しでもカメラの性能を上げたいのであれば12 Pro Maxがおすすめです。

とはいえそんなに大きな差でもないので、Proの2機種いずれかを選んでいればカメラについては満足できると思いますけどね。

中途半端な立ち位置のiPhone 12

「選ばない」方の理由なんですが、iPhone 12 ProとiPhone 12の本体サイズが同じでして、サイズ感が同じであれば上位機種の方が良いだろうと思うんですよね。

最も小さいものを選ぶならiPhone 12 miniで、高性能なものがいいけど小さい方が良ければiPhone 12 Pro、高性能ででかい端末ならiPhone 12 Pro Maxという具合に、iPhone 12のセールスポイントが全然見当たりません。

安さを求めるならiPhone SE

iPhone 12のラインナップから選ぶのではなく、とにかく安いiOS端末が欲しいということであれば、iPhone SEが最安値です。

こちらもそこそこ本体サイズがでかいので、小ささを求めるならiPhone 12 miniの方が良いですけどね。

最後に

僕は今回スルーしようと思ってますが、買うならiPhone 12 Pro Maxかなと。久しくディスプレイがでかい端末買ってないですし、カメラの性能が良くなったと聞いたら試してみたいなと思っちゃいますね。

新型コロナウィルスの影響もあり、次の端末にはTouch IDが戻ってくる可能性もあるんじゃないかという期待がありますし、LightningからUSB-Cへの変更も次くらいにくるんじゃないかという期待を込めて、iPhone 12の購入を見送りたいと思います。

キーワード
iPhone