キングオブコント2020の点数まとめとざっくり感想 #キングオブコント2020

キングオブコント2020の点数まとめとざっくり感想 #キングオブコント2020

2020年9月26日に「キングオブコント2020」が放送されました。お笑い好きなので毎年楽しみにしてるんですが、毎度のことながらあとで点数を見返したくなるので書き留めておきます。

点数のまとめだけでなく、あとで思い出せるようにネタの雰囲気を一言でまとめたものと、個人的なコメントも添えてあります。

キングオブコント2020準決勝まで残った34組と決勝進出した10組

まず、キングオブコント2020の準決勝まで進出していたのがこちらの34組です。(五十音順)

  • 相席スタート
  • アインシュタイン
  • うるとらブギーズ
  • オフローズ
  • 蛙亭
  • かたつむり
  • 元祖いちごちゃん
  • 空気階段
  • ザ・ギース
  • ザ・マミィ
  • サルゴリラ
  • サンシャイン
  • さんだる
  • GAG
  • ジェラードン
  • ジャルジャル
  • ジャングルポケット
  • すゑひろがりず
  • ゾフィー
  • 滝音
  • 男性ブランコ
  • ダンビラムーチョ
  • TCクラクション
  • ななまがり
  • ニッポンの社長
  • ニューヨーク
  • ネルソンズ
  • ビスケットブラザーズ
  • 5GAP
  • ファイヤーサンダー
  • マイスイートメモリーズ
  • ママタルト
  • ラフレクラン
  • ロングコートダディ

個人的には蛙亭に注目してましたが、残念ながら準決勝で敗退となってしまいました。

そして、決勝に進出したのはこちらの10組です。(五十音順)

  • うるとらブギーズ (2回目・2年連続決勝進出)
  • 空気階段 (2回目・2年連続決勝進出)
  • ザ・ギース (4回目)
  • GAG (4回目・4年連続決勝進出)
  • ジャルジャル (4回目)
  • ジャングルポケット (4回目)
  • 滝音 (初)
  • ニッポンの社長 (初)
  • ニューヨーク (初)
  • ロングコートダディ (初)

2年連続2回目の2組、4年連続4回目の4組と、数字の並びが気持ち良いですね。そして初出場が4組です。

キングオブコント2020の点数

審査員は今年も松本人志・さまぁ〜ず・バナナマンの5名。2015年から同じメンバーです。

キングオブコント2020決勝戦での点数は下記の通りです。太字になっているのは各審査員が入れた最高得点です。

キングオブコント2020の点数

審査員は2015年からずっと変わらず、松本人志・さまぁ〜ず・バナナマンの5名。

キングオブコント2020の各コンビの点数は下記の通り。太字は各審査員の最高得点です。ご覧の通り、全員がジャルジャルに最高得点をつけてます。

コンビ名 設楽 日村 三村 大竹 松本 合計
滝音 90 90 90 89 86 445
GAG 88 90 91 91 85 445
ロングコートダディ 90 88 90 90 88 446
空気階段 94 93 89 92 90 458
ジャルジャル 95 97 96 94 95 477
ザ・ギース 92 91 91 91 92 457
うるとらブギーズ 90 87 87 89 87 440
ニッポンの社長 92 91 86 92 93 454
ニューヨーク 92 90 92 93 94 461
ジャングルポケット 92 91 88 92 91 454

決勝戦1stステージでの点数順に並べ替ると下記の通りです。

  • 1位 ジャルジャル:477
  • 2位 ニューヨーク:461
  • 3位 空気階段:458
  • 4位 ザ・ギース:457
  • 5位 ニッポンの社長:454
  • 5位 ジャングルポケット:454
  • 7位 ロングコートダディ:446
  • 8位 滝音:445
  • 8位 GAG:445
  • 10位 うるとらブギーズ:440

キングオブコント2020ファイナルステージ

決勝進出者の中で1stステージの点数が高かった、上位3組がファイナルステージに進出し、1stステージとの合計点で勝敗が決まります。

ファイナルステージでの点数は下記の通りです。

コンビ名 設楽 日村 三村 大竹 松本 合計
空気階段 92 93 90 95 93 463
ニューヨーク 95 95 90 91 92 463
ジャルジャル 93 94 90 92 95 464

1stステージとファイナルステージの合計点は下記の通りです。(出演順)

  • 空気階段:458+463=921
  • ニューヨーク:461+463=924
  • ジャルジャル:477+464=941

というわけで、優勝はジャルジャルでした。去年M-1ファイナルイヤーで王者を逃したジャルジャルがキングオブコントを取るという感動的な展開でしたね。

ちなみに、ファイナルステージの得点、三村さんは全組90点だったんですね。ファイナルステージはみんな同じくらいとコメントしてましたが、点数まできっちり同じにしていたとは。

ネタの感じと一言メモ

ネタを思い出せるようになんとなくの雰囲気と、僕の感想を一言書き留めておきます。

滝音

唯一この日初めて観たコンビ。「ノンストップ造語マシーン」と紹介されてました。

ラーメン屋のネタと見せかけての大食い選手権。

GAG

中島美嘉が草野球やってるおじさんと入れ替わるネタ。

ロングコートダディ

頭が悪くて筋肉がすごくなった人が段ボールを上げ下げするネタ。

空気階段

霊の波長とFMラジオが混線しやすい霊媒師。

ジャルジャル

今大会ファイナリストでもっとも先輩。前大会では3位。

歌ってるところへのヤジに対する免疫をつけるためのヤジワクチン。

ザ・ギース

今大会ファイナリストでの最年長。

新聞販売所を辞めるシゲさんにハープを聴かせる同僚。

うるとらブギーズ

前大会の準優勝。

いい仕上がりの陶器も勢いで割っちゃう陶芸家。

ニッポンの社長

ケンタウロスの高校生(男)と馬人(女)がHY「365日」を歌う。

ニューヨーク

結婚式の余興でピアノ弾きながらハーモニカとリコーダー吹いていてタップダンス、ヒューマンビートボックス、怪力ショー。

ジャングルポケット

誘拐されて脅される社長と、社長の周りの事情を知り尽くした犯人。

ファイナルステージ:空気階段

定時制高校で授業中に手紙のやり取り。

ファイナルステージ:ニューヨーク

髪の毛を切りすぎて帽子を被ったものの帽子を取るタイミングを逃した男。

ファイナルステージ:ジャルジャル

強盗に入ったのにタンバリン持ってきた男。

過去のキングオブコントのデータ

これまでのキングオブコントの優勝者や点数などのデータをまとめました。

キングオブコント歴代優勝者

歴代のキングオブコント王者を一覧にしました。

  • 2008年(第1回) バッファロー吾郎 (吉本興業)
  • 2009年(第2回) 東京03 (人力舎)
  • 2010年(第3回) キングオブコメディ (人力舎)
  • 2011年(第4回) ロバート (吉本興業)
  • 2012年(第5回) バイきんぐ (SMA NEET Project)
  • 2013年(第6回) かもめんたる (サンミュージックプロダクション)
  • 2014年(第7回) シソンヌ (吉本興業)
  • 2015年(第8回) コロコロチキチキペッパーズ (吉本興業)
  • 2016年(第9回) ライス (吉本興業)
  • 2017年(第10回) かまいたち (吉本興業)
  • 2018年(第11回) ハナコ (ワタナベエンターテインメント)
  • 2019年(第12回) どぶろっく (浅井企画)

過去のキングオブコントの点数まとめ

キングオブコント2016以降は点数をブログに記録してきました。過去の大会が気になる方は是非こちらも覗いてみてください。

最後に

今年も最高に楽しませてもらいました。個人的には空気階段の1本目が好きでした。

あと、ロングコートダディのネタは関東にいるとなかなか観れないので、東京進出してくるのを待ってます。去年大阪でネタライブ観たんですけどやっぱり面白いんですよね。