キングオブコント2019の点数まとめとざっくり感想 #キングオブコント2019

キングオブコント2019の点数まとめとざっくり感想 #キングオブコント2019

2019年9月21日に放送された「キングオブコント2019」を見まして、点数を一覧にまとめました。

点数のまとめだけでなく、あとで思い出せるようにネタの雰囲気を一言でまとめたものと、個人的なコメントも添えてあります。

キングオブコント準決勝まで残った34組

キングオブコント2019の生放送の瞬間まで、準決勝進出者の中の誰が決勝進出者か分からないというシステムでした。

まずは2,413組の中から選ばれた「準決勝進出者の34組」がこちらです。(五十音順)

  • 相席スタート(吉本興業
  • アイロンヘッド(吉本興業)
  • いかすぜジョナサン(ラフィーネプロモーション)
  • うるとらブギーズ(吉本興業)
  • エンペラー(吉本興業)
  • 蛙亭(吉本興業)
  • かが屋(マセキ芸能社)
  • カゲヤマ(吉本興業)
  • 空気階段(吉本興業)
  • クロスバー直撃(吉本興業)
  • コウテイ(吉本興業)
  • コロコロチキチキペッパーズ(吉本興業)
  • THE GREATEST HITS(吉本興業)
  • ザ・マミィ(人力舎)
  • サンシャイン(吉本興業)
  • さんだる(ホリプロコム)
  • GAG(吉本興業)
  • ジェラードン(吉本興業)
  • ジャルジャル(吉本興業)
  • そいつどいつ(吉本興業)
  • ゾフィー(グレープカンパニー)
  • チョコレートプラネット(吉本興業)
  • どぶろっく(浅井企画)
  • ななまがり(吉本興業)
  • ネルソンズ(吉本興業)
  • パーパー(マセキ芸能社)
  • ビスケットブラザーズ(吉本興業)
  • ファイヤーサンダー(ワタナベエンターテイメント)
  • 藤崎マーケット(吉本興業)
  • マヂカルラブリー(吉本興業)
  • やさしいズ(吉本興業)
  • や団(SMA NEET Project)
  • ロングコートダディ(吉本興業)
  • わらふぢなるお(グレープカンパニー)

そして、こちらが決勝戦に進出した10組です。こちらは出演順に並べたものです。

  • うるとらブギーズ(初)
  • ネルソンズ(初)
  • 空気階段(初)
  • ビスケットブラザーズ(初)
  • ジャルジャル
  • どぶろっく(初)
  • かが屋(初)
  • GAG
  • ゾフィー
  • わらふぢなるお

初出場が7組とかなり新鮮でした。ネルソンズ・空気階段・どぶろっく・かが屋などテレビでよく見る顔ぶれではありましたが、キングオブコントとなるとこういう感じになるんだなと。

逆に、GAGとわらふぢなるおは三年連続決勝進出だったようです。

キングオブコント2019の点数

審査員は2015年からずっと変わらず、松本人志・さまぁ〜ず・バナナマンの5名。

キングオブコント2019の各コンビの点数は下記の通り。太字は各審査員の最高得点です。

コンビ名 設楽 日村 三村 大竹 松本 合計
うるとらブギーズ 90 95 95 92 90 462
ネルソンズ 90 90 90 90 86 446
空気階段 87 88 88 90 85 438
ビスケットブラザーズ 89 90 90 88 89 446
ジャルジャル 92 93 89 90 93 457
どぶろっく 93 96 98 97 96 480
かが屋 94 89 87 88 88 446
GAG 92 88 92 93 92 457
ゾフィー 90 90 89 91 92 452
わらふぢなるお 87 87 88 87 89 438

ここまでの点数で順位順に並べ替えると下記の通りになります。

  • 1位 どぶろっく:480
  • 2位 うるとらブギーズ:462
  • 3位 ジャルジャル:457
  • 3位 GAG:457
  • 5位 ゾフィー:452
  • 6位 ネルソンズ:446
  • 6位 ビスケットブラザーズ:446
  • 6位 かが屋:446
  • 9位 空気階段:438
  • 9位 わらふぢなるお:438

3位決定戦的な決選投票

3位で同点になっていると決選投票というルールだったそうで、審査員がジャルジャルとGAGのいずれかに1票入れるという形になりました。

結果は下記の通りです。

  • 設楽:ジャルジャル
  • 日村:ジャルジャル
  • 三村:GAG
  • 大竹:GAG
  • 松本:ジャルジャル

さまぁ〜ずが仲良くGAGに投票という仲の良さが垣間見える結果でした。

キングオブコント2019ファイナルステージ

決勝進出者の中で1stステージの点数が高かった、上位3組がファイナルステージに進出し、1stステージとの合計点で勝敗が決まります。

ファイナルステージでの点数は下記の通りです。

コンビ名 設楽 日村 三村 大竹 松本 合計
ジャルジャル 90 90 88 90 90 448
うるとらブギーズ 93 92 93 93 92 463
どぶろっく 94 90 89 91 91 455

1stステージとファイナルステージの合計点は下記の通りです。

  • どぶろっく:480+455=935
  • うるとらブギーズ:462+463=925
  • ジャルジャル:457+448=905

というわけで、優勝はどぶろっくでした。1stステージの高得点が後半に効いてきた感じでしたね。東京03優勝の時のようなパターンでした。

ネタの感じと一言メモ

ネタを思い出せるようになんとなくの雰囲気と、僕の感想を一言書き留めておきます。

うるとらブギーズ

催眠術師と喋ってる人に合わせて喋っちゃう人

ここ数年の中でトップバッターとして最高の出来という評価。僕は名前も知らなくて今回初めてみたんですが、一緒に喋っちゃうあの感じは癖になりますね。

ネルソンズ

野球部の噂話好きな男の話

青山フォール勝ちは怪我したばっかりなのに元気そうでよかった。和田まんじゅうのキャラ大好きです。

空気階段

タクシーに乗ってくる似た人の話

タクシー運転手役のもぐらさんが、千鳥のタクシー運転手の漫才っぽくて途中までそれが気になってしまいました。「安全運転でいかさせていただきます」あたりとか。

ビスケットブラザーズ

記憶を無くした二人がわちゃわちゃする話

うるとらブギーズ同様で初見でした。個人的にはあんまりピンと来なかったので別のネタ見てみようと思います。

ジャルジャル

ある一定の距離離れると英語に聞こえる野球部の教育係

ジャルジャルらしいなっていうネタでめちゃめちゃ好き。福徳の英語と日本語切り替えるのが大変そう。1stステージでは一番好きなネタでした。

どぶろっく

大きない〇もつを欲する男

どぶろっくがコントをやるとミュージカルっぽくなるんですね。

かが屋

喫茶店でプロポーズするつもりが相手が来なかった話

明転した瞬間がもう面白かったです。会場でも笑いが溢れてました。相変わらずかが屋は設定が素晴らしくて好き。ジャルジャルの次に好きなネタでした。

GAG

市役所勤めの固い彼氏に彼女が男女コンビの相方を紹介する話

GAGのコントは安定感あって面白いですよね。役柄的にもいつもの3人っていう感じで最高でした。

ゾフィー

腹話術師の謝罪会見

腹話術の人形の可愛らしさと狂気のバランスが良い感じでした。

わらふぢなるお

バンジージャンプ

いつものわらふぢなるお節っていう感じがして面白かったです。

ファイナルステージ:ジャルジャル

泥棒に入ったら家の中に人がいて友達という設定で乗り切ろうとする話

途中まではジャルジャルっぽい高校生の悪ふざけみたいな感じがすごくよかったんですが、最後まさかのホラーで終わるというオチによって点数伸びなかった感じでしたね。

ファイナルステージ:うるとらブギーズ

サッカーの実況席

スロースターターで後半畳み掛ける形だったのでどんどん笑ってしまいましたね。あとこのネタ、ダブルボケでしたね。コントだとボケツッコミが明確に分かれてないことがありますが、うるとらブギーズってそういうコンビなんですね。

ファイナルステージ:どぶろっく

金の斧と銀の斧の設定で大きないち〇つをあげようとする神

1stステージと曲は同じで設定だけ変えてる形。男と神の役は変わってるものの結局は同じ展開だったのが残念でしたね。

過去のキングオブコントのデータ

これまでのキングオブコントの優勝者や点数などのデータをまとめました。

キングオブコント歴代優勝者

歴代のキングオブコント王者を一覧にしました。

  • 2008年(第1回) バッファロー吾郎 (吉本興業)
  • 2009年(第2回) 東京03 (人力舎)
  • 2010年(第3回) キングオブコメディ (人力舎)
  • 2011年(第4回) ロバート (吉本興業)
  • 2012年(第5回) バイきんぐ (SMA NEET Project)
  • 2013年(第6回) かもめんたる (サンミュージックプロダクション)
  • 2014年(第7回) シソンヌ (吉本興業)
  • 2015年(第8回) コロコロチキチキペッパーズ (吉本興業)
  • 2016年(第9回) ライス (吉本興業)
  • 2017年(第10回) かまいたち (吉本興業)
  • 2018年(第11回) ハナコ (ワタナベエンターテインメント)

過去のキングオブコントの点数まとめ

キングオブコント2016以降は点数をブログに記録してきました。過去の大会が気になる方は是非こちらも覗いてみてください。

最後に

今年もキングオブコント最高でした。

決勝に残れなかった中ではチョコプラ・蛙亭・パーパーが大好きなので、ネタが見れる機会があれば行きたいと思います。ライブで見たいですね。

キーワード
エンタメ