ウェブサイトのテキストを音声で読み上げるには「Pocket」が便利!読まずに聴きたい時におすすめ!

ウェブサイトのテキストを音声で読み上げるには「Pocket」が便利!読まずに聴きたい時におすすめ!

普段からたくさんのウェブサイトにアクセスし、文章を読む機会が多いのですが、手も目も埋まってるものの耳が空いてるというシチュエーションでブログ記事などを消化できないかなと思い、音声で読み上げるサービスを調べてみました。

その中で最も手軽に使えたのが、あとで読むサービスの「Pocket」で、読み上げ速度を調整できたりスマホを閉じても読み上げてくれたりとめちゃめちゃ便利だったのでご紹介します。

Pocketを使ってウェブサイトやブログのテキストを読み上げる

Pocketを使ってテキストを音声で読み上げる手順についてご紹介します。

まずはスマホにPocketをインストールしてください。僕がiPhoneユーザーなので、iOS版の画面で説明していきますが、Androidでも同じような流れだと思います。

Twitterなどで読みたいと思った記事があったらタップして開き、画面下にあるアクションアイコンをタップ。Pocketを選んで「あとで読むリスト」に追加します。

上記の画面でPocketのアイコンが表示されない場合は、PocketのアプリをインストールしてPocketにログインしているかどうかを確認し、右側にある「その他」をタップ。右上の編集をタップして、候補にあるPocketの左側にある「+アイコン」をタップして追加してください。

Pocketに保存しておいた記事を開いたら、下にあるヘッドフォンアイコンをタップ。これでテキストを読み上げてくれます。

ちなみに、プレイヤーの左側にある「1x」というアイコンをタップすると読み上げの速度を調整できます。ここで倍速などにして聴くと時間短縮にもなりますよ。

どんなシチュエーションで使うのが便利か

正直、ここまでしなくても読めばいいじゃんと思ってる方も少なくないと思うので、テキストの読み上げの方が便利だと僕が感じているシチュエーションをいくつかご紹介します。

耳が空いているタイプの仕事中

僕はウェブデザインの仕事もしていまして、パソコンの画面を見ている時間が結構長いです。

目は仕事に使ってしまってますが、耳が空いているため音楽を聴いたり、YouTubeなどでトーク系のコンテンツを聴いたりしてます。

そのコンテンツの置き換えで、ブログを読み上げてもらって聴くのが便利だなと感じてます。

Twitterなどで良さそうな記事を見かけたらPocketに入れる習慣はあるので、あとはそれを聴くだけという手軽さも良いです。

シャワーを浴びてる時

湯船にゆっくり浸かる時はスマホの画面も見れるので、読み物でも動画でもなんでも良いのですが、頭を洗ってる時に視界が塞がれますので、そういう時に便利です。

サクッとシャワーを浴びてる間に読みたかった記事を1つ2つ消化することができます。

スマホゲームをしている最中

スマホゲームって結構熱中しなくていいものが多いですよね。

ゲームのBGMを聴きたいという方は別ですが、僕はスマホゲームの音声はオフにしてプレイしてるため、耳が空いてるんですよ。

そんな時にテキストの読み上げは相性が良いと思いました。

ただし、ゲームアプリを立ち上げるとPocketの読み上げは止まりますので、スマホを2台以上併用している方限定になってしまいますが。幸い僕は普段からスマホ2台持ち歩いてるのでこの使い方が可能です。

家事をしながら

料理を作ってる時、洗い物、洗濯物を干したり畳んだりする時など。家事をしてる最中も耳が空いてます。

普段はYouTube・Amazonプライムビデオ・TVerなどで動画を観ていることが多いんですが、テキストの読み上げに置き換えても良さそうです。

運転中

運転中に音楽やラジオを聴く感覚で、文章を読み上げてブログを「聴く」のも良さそうです。

ブログの文章によっては短すぎてあっという間に終わってしまい、停車するまで切り替えられないというデメリットはありますが。

最後に

読んだ方が早い場合も多いですが、手段として知っておくと便利ですよ。

僕は長文の記事を何かの作業しながら聴くのが好きです。

キーワード
WEBサービス