GoProでフリッカーノイズが出た場合の対策方法!フリッカーノイズを起こさないためにできることとは?

GoProでフリッカーノイズが出た場合の対策方法!フリッカーノイズを起こさないためにできることとは?

GoProを使って室内で撮影していたらフリッカーノイズが発生してしまいました。

GoProはシャッタースピードを変更できませんので、それ以外の設定方法によってフリッカーノイズを回避するための方法についてご紹介します。

GoProでフリッカーノイズが出た場合の対策方法

フリッカーノイズは蛍光灯の明かりの下で起こる「画面がチカチカする現象」のことで、以前にもフリッカーノイズ対策について記事を書いたことがあります。

関連記事『一眼レフカメラで動画撮影時のフリッカーノイズを消すためにシャッタースピードを調整しよう』のサムネイル画像
一眼レフカメラで動画撮影時のフリッカーノイズを消すためにシャッタースピードを調整しよう
続きを読む

こちらで書いてるのは、シャッタースピードを変更して「東日本なら50の倍数、西日本なら60の倍数」に合わせましょうっていう話でした。

GoProでも同じように対策したいのですが、初期設定だと変更できるシャッタースピードの中に50の倍数が含まれてません。

というわけで、シャッタースピードに50の倍数が出てくるように設定変更をしていきます。

GoProのビデオ形式を「NTSC」から「PAL」に変更

GoProの画面上から下方向に指を滑らせると、「ユーザー設定」という項目が出てきますので、こちらをタップします。

「地域」をタップします。

ビデオ形式が「NTSC」となってますので、こちらをタップして、

「PAL」に変更します。

ホーム画面下部のエリアを押して、設定を変更しましょう。

「シャッター」でシャッタースピードを調整できます。

無事50の倍数のシャッタースピードに変更できるようになりました。僕はひとまず1/100に設定して使うことにしました。明るさが欲しい時は1/50に変更してみようと思います。

フレームレートを50fpsにすることでのデメリット

PALに切り替えることで、フレームレートが通常の30fpsとか60fpsではなく、50fpsという設定になってしまいます。

これまでフレームレートを50fpsにしたことがなかったのですが、Premiereを使って動画編集する際に、フレームレートが違う動画を混在させて編集することは可能なようです。

例えば、「一眼レフカメラで撮影した60fpsの動画」と「GoProで撮影した50fpsの動画」をPremiereに放り込んで、最終的に60fpsの動画として書き出すことはできるので、ひとまず問題ないかなと思ってます。

ただし、フレームレートを合わせる段階で画質が落ちると思われます。その画質がどのくらい落ちるのかは良く分かりませんが、実際にやってみて判断かなと。

最後に

フリッカーノイズが入ったら使い物にならないので、多少画質が落ちるくらいは多めに見て良いかなと。

自然光の中であればフリッカーノイズが入りませんし、環境に応じて使い分けるのが一番良さそうですね。

キーワード
カメラ