青春高校3年C組ハニトラ卒業ライブのざっくり感想

青春高校3年C組ハニトラ卒業ライブのざっくり感想

青春高校3年C組の生徒の一人である「ハニトラ」こと山口茜ちゃんが、2019年3月29日の放送をもって卒業することになりました。

今回、ハニトラの卒業ライブに参加してきましたので、簡単にレポートします。

青春高校3年C組ハニトラ卒業ライブ

青春高校3年C組のハニトラ卒業ライブの会場となったのは、テレビ東京のスタジオ。

チケットは200枚ほど出ていたようですが、69番といい感じでした。

おかげさまで、下手側の2列目といういい位置をキープできました。ハニトラの座り位置の真正面でした。司会の中井りか先生・バナナマン日村先生・東京03飯塚先生まで2mほどという近距離。

生放送までの流れ

生放送まで1時間弱の流れは下記の通りです。

前説 漫才部
先生と生徒がスタンバイ
アイドル部「チャイムの途中で」(センター日比野ver)
トーク
前川歌音「クラクションレクイエム」
別所・出口「負け犬のブルース」
トーク
企画ユニット「バトラー」と「気まぐれカモン」
ダンス&ボーカル部「Leave it to me!」
コーナー「ハニトラから愛のダメ出し」にて、おばちゃん・田中・河野・えのちんなどがダメ出しされる
軽音部「うるさいうた」と「自己嫌悪の夜」
相田先生からの手紙
トーク(日比野にケーブル絡まるくだり)

企画ユニットの「気まぐれカモン」で、河野君がハニトラの隣の席に座ろうとして日比野を突き飛ばし「日比野どけ」というくだりが生まれて、最後のトークでマイクの移動の度になぜか日比野にケーブルが絡まり続けるといういい流れができてました。

河野君に影響を受けたのか、リッキーも演奏中にハニトラを迎えに行ってステージに連れ出してました。あの流れもすごく良かったですね。

あと、別所が席に戻る際に、リッキーが労うように肩を叩いてて、ああいう仲の良いところが随所に見られたのも良かったです。

相田先生からの手紙がどの位置だったか記憶が曖昧です。

生放送でのくだり

こちらはParaviやLINE Liveなどで配信が観れますが、ざっくりと下記の流れです。

アイドル部「無人島へ連れてって」(センターハニトラver)
オーディション含めた過去の映像
ハニトラからみんなへのメッセージ
アイドル部「チャイムの途中で」(センターハニトラver)

生放送中の裏話としては、最後のCM中にアイドル部全員が泣いていたこともありメイク直しにメイクさんが3人ステージに上がったものの、三宅さんから「メイク直さなくていいよ」という声がありメイクさんがはける最中、なぜかえのちんがメイクさんを呼び止めてメイク直ししてました。髪の乱れを直したくらいでしたけども。周囲の生徒が笑ってたんで「なんで今お前がメイク直すんだよ」的なくだりがあったと思われます。

生放送後の流れ

生放送の後もライブは続き、下記の流れで進みました。

コーナー「ハニトラが心配なこと」にて、日比野とまーがりんへ。
黒田・おばちゃんからの卒アル
ダンス&ボーカル部「マイナスワン」
合唱曲「夕焼けはなぜ一瞬なのか」
岩永先生からの手紙
卒業証書授与
カーテンコール

どこかのタイミングでHKT48長野雅からのビデオレターもありました。

最後に

2時間という時間があっという間に感じられるほど、充実した時間でした。

楽しさと感動が交互に押し寄せてくるような構成がすごく良かったです。

ハニトラ、お疲れ様でした。これから看護師としての生活を頑張ってください!

キーワード
ライブレポ