MacでもWindowsでも使えるキーボード「CRAFT」が使い勝手良い!Adobeとの連携も最高!

MacでもWindowsでも使えるキーボード「CRAFT」が使い勝手良い!Adobeとの連携も最高!

Logicoolのキーボード「CRAFT」をメーカーさんより送っていただきました。

MacでもWindowsでも使える配置で使い勝手の良いキーボードだったのでご紹介します。

Logicoolのキーボード「CRAFT」

Logicool「CRAFT」はこちらです。この記事執筆時で2万円オーバーという、ちょっと高級なキーボードです。

左上にホイールがあるのが特徴的ですね。こちらについては後述します。

僕はMacユーザーなのでApple純正キーボードの配列じゃないとそれだけで使いにくく感じてしまうのですが、ご覧の通りコマンドボタンがいい感じのところに配置されてます。

暗いところではキーが光ります。

こちらのボタンで操作するデバイスを簡単に切り替えられます。最大3台まで切り替えられるとのこと。MacとWindowsの2台を使ってる方はこのキーボード1つで操作できるので便利ですよね。

ほど良い傾斜がついていて、操作しやすく感じます。

USB Type-Cケーブルが付属してます。キーボード操作はワイヤレスで行えるため、このUSB Type-Cケーブルは充電用。電池は1週間ほど持つようです。

打ちやすいキーボード

最近MacBookの浅いキーボードが打ちにくいという意見を聞くんですが、実は僕はそこには不満がなくて。むしろ昔より打ちやすくなったなと感じるくらいなんですよ。そんな僕のようなタイプであれば、Apple純正のワイヤレスキーボードを買うのが間違いないんです。

ただ、どうしてもあのキーボードの浅さが嫌だという方には、CRAFTは使いやすいキーボードだと思います。

程よい高さで打ちやすく、指に合わせて丸くくぼんでいるのがいい感じです。

左上のホイールでできること

CRAFTの特徴の一つとも言える左上のホイール。対応しているアプリであれば、こちらで様々な操作ができます。

主にマイクロソフトのワード・エクセルなど、Adobeのアプリ各種、SafariやChromeなどのウェブブラウザに対応してます。対応していないアプリでもショートカットの割り当てなどは可能なので、アイデア次第で便利に使えそうです。

個人的にはこのホイールがLogic Pro XなどのDAWソフトと連携してくれたら嬉しいなと。音量・パン・プラグインのパラメーターなどを調整したりオートメーションかけたりできたら便利そうなんですよね。

最後に

キーボードとしてのクオリティはとにかくめちゃめちゃ高いので、キーボード探しをしている方はぜひチェックしてみてください。

少なくとも、Macのキーボードのようなキーストロークが浅いものが苦手な人は試す価値があると思います。

キーワード
ガジェット