Eye-Fi mobiが便利すぎ!デジカメで撮影した写真をその場でiPhoneやAndroidに転送

Eye-Fi mobiが便利すぎ!デジカメで撮影した写真をその場でiPhoneやAndroidに転送

Eye-FiというSDカードを使うとデジカメで撮った写真をその場ですぐスマホに転送できます。

という文字情報だけを見て僕はピンと来てなかったんですが、使ってみたら超便利!!

想像以上に転送に時間がかからないし、スマホで写真撮るくらい気軽に使えます。

Eye-Fiがどれだけ便利か全力で語ってみる

僕が持ってるのはEye-Fi mobiという、スマホに転送する専用のカードです。

iPhoneでもAndroidでも使えます。もちろんiPadやNexus 7のようなタブレットにも送れます。

以前からこのカードの存在は知ってましたが、ピンと来てなかったのでスルーしてました。

僕が購入をしぶってた理由は

  • 転送速度が遅そう
  • いちいちWi-Fiにつなぐのが手間になりそう
  • というかそもそもiPhoneの写真で十分

というものでしたが、すべて誤解でした。

転送速度は結構早い

Eye-FiカードはWi-Fiで直接転送する仕組み(アドホック接続)のため、電波状況は一切関係ありません。

ということを知らない人も結構いると思うんですよ。(僕もそうでした…。)

iPhoneが圏外だろうが関係ないです。Eye-Fiカードとスマホが近くにあれば想像を絶する速度で転送してくれます。

一度つないでしまえば再接続は簡単

一番最初にパスワードを入れて接続してしまえば、Wi-Fiをオンにするだけでさくっとつながります。

最初に他のところにつながってしまっても、設定で一回切り替えれば、カメラ起動のたびにEye-Fiの方を優先してつないでくれるようになります。(たまにきまぐれでどっかいっちゃうこともあるけど)

カメラの電源を切ることが多くても再接続に手間はかからないです。

さすがにiPhone 5sのカメラも良いカメラには勝てない

FacebookにシェアするくらいならiPhoneで撮ってさくっとシェアくらいでいいかって思ってました。

でもやっぱり良いカメラで撮った写真ってiPhoneで撮ったものとは比べ物にならないので、そっちの方をみんなに見て欲しい気持ちが出てきちゃいますよね。

転送速度が速くて接続が簡単なので、写真をデジカメで撮ってシェアしたいときはiPhoneで、っていう意識に変わってきました。

Eye-Fi mobiの注意点

さすがに良いことばかりではありません。

注意しておくべき点を挙げておきます。

スマホの容量を食いまくる

写真のデータが重くなるため、写真の転送先であるスマホの容量を食いまります。

iPhoneであれば64GBモデルの人なら安心、32GBのモデルの人は注意しながら使えば大丈夫、16GBモデルの人はやめておいたほうが良いっていうレベルです。

電池消費は激しいので注意

写真を撮るだけでなく転送する分、電池消費は激しいです。

つなぎっぱなしで撮影してると体感的には1.5倍くらい消費してる感じがします。ちゃんと測ってないけど。

Wi-Fi接続せずに撮る分には普通のSDカードと変わらないので、ひたすら撮ってあとで一気に送るようにすれば電池が劇的に減る感じはしないと思います。

普通のSDカードで撮影するときでもバッテリーの残量が気になるくらいヘビーに使う方は予備バッテリーを持ち歩いた方がいいですね。

最後に

実際使っていて自分で便利だと思いますし、写真を撮ってスマホに転送したときの周りの友人たちのリアクションがすごいです。

「なにこれ!超便利!Eye-Fiすげー!」ってなります。

拍手喝さいを浴びたい方は是非使ってみてください。

キーワード
ガジェット