iOS版「Googleフォト」で背景のボケ具合が調整できるようになった

iOS版「Googleフォト」で背景のボケ具合が調整できるようになった

iPhoneのポートレートモードで撮影した写真をGoogleフォトにアップロードしたのちに、背景のボケ具合を編集できる機能が追加されました。

実際に使ってみたので、Googleフォトだけでどのくらい背景ボケを調整できるかをご覧ください。

iOS版「Googleフォト」で奥行きを調整

iPhoneのポートレートモードで撮影すると、背景がボケた一眼レフカメラっぽい写真が撮れます。このボケを調整できるようになったので手順を紹介します。

Googleフォトを開き、加工したい写真を選択したら、下部のメニューから中央のアイコンをタップし、次の画面でサイド中央のアイコンをタップしてください。

「奥行き」というスライダーで背景のボケ具合を調整できます。中央が元写真、左がボケなし、右がボケ多めです。右側のカバンを見てもらうとわかりやすいと思います。

Googleフォトはアプリを開くだけでバックアップを取ることができる「倉庫」のような役割もありますので、Googleフォトでボケ具合を調整できるのであれば写真周りはひとまずこのアプリだけ入れておけばいいという安心感がありますよね。

背景のボケ具合を調整できる「Focus」もおすすめ

背景のボケ具合を調整できる写真加工アプリ「Focus」も便利です。

最近ではポートレートモードで撮影してFocusでボケを強めにしてInstagramに投稿することが増えました。

詳しい使い方についてはこちらの記事をご覧ください。

写真アプリ「Focus」で背景ボケを調整できるのが便利!
続きを読む

最後に

Googleフォトはすごく便利なサービスで、ぜひ使っていただきたいです。バックアップ先として最適です。

キーワード
WEBサービス